米リフト上場、「国産ライドシェア」は広まるか

都心での配車も可、タクシー業界は猛反発

安全にかかわる事件や事故は命取りになるだけに、今年初めには1ヶ月間サービスを休止し、安全対策の強化のため機能をアップデートした。もともとドライバーは面接を受けなければ登録できなかったが、今年に入ってからは安全講習の受講を義務付けている。

もっとも、現在のスキームでクルーが成長していけるかとなると心もとない。これまではドライバー、利用者ともに一部の最先端の流行に敏感な層に限られていたから成り立っていた側面がある。

任意である以上、いくら謝礼をもらえるかわからない中でクルーのドライバーを務めているのは、日中の仕事で収入があり、夜に趣味で愛車を走らせていたクルマ好きが中心。人を乗せて、なにがしかの謝礼を得られるので悪くない。一方、利用者も最新サービスへの関心や理解が高く、謝礼は良識の範囲であることが大半。結果として、ドライバーはそれなりに稼ぐことができた。

約1割の利用者が「謝礼0円」で利用

しかし、あるドライバーは「正直、最近は態度が悪く、謝礼もあまり払ってくれない利用者が増えた」と証言する。実際、アプリ内の「ドライブ事例検索」という機能を使えば、乗車時間あたりどれくらいの謝礼が支払われたかを調べることができるが、10分の乗車で11.5%、20分の乗車で10%の利用者が「謝礼0円」で利用していることがわかる。

サービスが広がっていけば、安さだけを求める利用者が増えることも避けられない。だが、これではドライバーを増やしていくことは難しい。

吉兼CEOは「ドライバーの確保は難しい問題だが、まだその段階にはない。まずは安心安全なサービスの確立に全力をあげる。移動サービスとして、スターバックスやディズニーのようなブランドを築くために、ドライバーには金銭的な動機よりも、ホスピタリティを求めたい」と話す。

本格的なライドシェアを禁止したまま、謝礼頼みの配車サービスを成長させることは容易ではない。政治力のあるタクシー業界の反発を受ける中、日本でクルーの挑戦は実るのだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT