露呈したムハンマド皇太子の「やりたい放題」

一般市民を監視、拉致、拘束、そして拷問

アメリカの当局者やサウジアラビア市民・関係者などの証言から、ムハンマド皇太子による反体制派の弾圧を目的とする秘密作戦が明らかになった(写真:Adnan Abidi/ロイター)

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、反体制派の弾圧を目的とする秘密作戦を承認していた――。

同作戦に関する機密報告書に目を通した複数のアメリカの当局者がそう証言した。サウジアラビア出身のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害された事件の1年以上前のことで、作戦の一環として市民の監視や拉致、拘束、拷問が行われてきたという。

殺害は反体制派弾圧作戦の一部だった

アメリカの当局者ら、および作戦の被害者であるサウジアラビア市民の関係者によれば、そのうち少なくとも一部は、昨年10月にトルコのイスタンブールのサウジアラビア総領事館でカショギ氏を殺害し、遺体を切断したチームの手になるものだ。つまり、カショギ氏の殺害はサウジアラビアの反体制派弾圧という大規模な作戦の一部であり、極端に悪辣なケースだったと考えられる。

カショギ氏を殺害したチームは、アメリカ側に「サウジ緊急介入グループ」との名称で呼ばれている。2017年から開始された秘密作戦のうち、最低でも十数件の任務に同チームの隊員が関与していたと、アメリカの当局者らは語った。

彼らや被害者の関係者の証言では、これらの任務のなかにはアラブ諸国に在住するサウジアラビア人の強制帰国、ムハンマド皇太子本人や父親のサルマン国王が所有する宮殿での市民の拘束・虐待が含まれていた。

機密報告書をはじめとする複数の資料によると、問題のグループに拘束された1人で、サウジアラビア人女性についてブログを執筆していた大学の言語学講師の女性は昨年、精神的拷問を受けた後で自殺を試みた。

当該の報告書に精通する立場にあるアメリカの当局者らいわく、緊急介入グループは任務に忙殺されていた。あまりに忙しかったために昨年6月には、リーダーがムハンマド皇太子の最高顧問に、ラマダン(断食月)明けのイード・アル・フィトルの祭りに合わせてボーナスをもらえるだろうかと尋ねたという。

次ページカショギ氏殺害の真相をめぐって
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。