だから鉄道「1円刻み」運賃の対応は分かれた

ICカード普及率だけではない、鉄道各社の事情

また、東急東横線や東京メトロ副都心線などに乗り入れるみなとみらい線を運行する横浜高速鉄道も、10円単位のまま。「運賃体系が2段階しかなく、ICカード1円刻み、切符を10円未満切り上げとすると、国交省の定めた改定率を超える」として、従来どおり10円単位運賃にした。

西武ホールディングス傘下の伊豆箱根鉄道も10円単位だ。小田原と大雄山を結ぶ大雄山線はICカードに対応しているが、駿豆線(三島―修善寺)ではICカードが導入されていない。「わかりやすさや2つの線区の公平性を鑑みて」(伊豆箱根鉄道)、10円単位のみの運賃申請を行ったという。

1円単位運賃は拡大するか

ICカードの1円単位運賃は来年4月から導入されるが、その際の乗客の反応によって拡大するか否かが変わってくるだろう。また、関西などでのICカードの普及率が拡大すれば、導入の余地は広がりそうだ。2015年10月に予定されている消費税率10%への引き上げ時が、その契機になるかもしれない。

一方で、複数の運賃を導入することによる混乱も懸念される。乗客の混乱はもちろん、システムのプログラムミスによる運賃の過収受等のトラブルは現時点でも少なくない。鉄道各社には万全の体制で運賃改定に臨んでもらいたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT