だから鉄道「1円刻み」運賃の対応は分かれた

ICカード普及率だけではない、鉄道各社の事情

また、東急東横線や東京メトロ副都心線などに乗り入れるみなとみらい線を運行する横浜高速鉄道も、10円単位のまま。「運賃体系が2段階しかなく、ICカード1円刻み、切符を10円未満切り上げとすると、国交省の定めた改定率を超える」として、従来どおり10円単位運賃にした。

西武ホールディングス傘下の伊豆箱根鉄道も10円単位だ。小田原と大雄山を結ぶ大雄山線はICカードに対応しているが、駿豆線(三島―修善寺)ではICカードが導入されていない。「わかりやすさや2つの線区の公平性を鑑みて」(伊豆箱根鉄道)、10円単位のみの運賃申請を行ったという。

1円単位運賃は拡大するか

ICカードの1円単位運賃は来年4月から導入されるが、その際の乗客の反応によって拡大するか否かが変わってくるだろう。また、関西などでのICカードの普及率が拡大すれば、導入の余地は広がりそうだ。2015年10月に予定されている消費税率10%への引き上げ時が、その契機になるかもしれない。

一方で、複数の運賃を導入することによる混乱も懸念される。乗客の混乱はもちろん、システムのプログラムミスによる運賃の過収受等のトラブルは現時点でも少なくない。鉄道各社には万全の体制で運賃改定に臨んでもらいたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT