「代表取締役名誉会長」は何する人ぞ?

JR東海が新設した、聞き慣れない役職の狙い

JR東海が発足した1987年には46歳で取締役総合企画本部長となり、代表取締役副社長に就任したのが1990年(1995年に社長、2004年に会長)。つまり、代表権を持つ取締役となってから20年以上が経過している。

社長に就任する柘植康英氏(60歳)は12月16日の会見で、葛西会長が代表権を持ったまま名誉会長に就くことについて、「米国など海外展開には人的関係が重要。それを意識し代表権を残した」と、その理由を述べた。

13年6月に実験線で初走行したL0系リニア(撮影:尾形文繁)

一方、2010年から社長を務めてきた山田佳臣社長は代表取締役会長に就く。「中央新幹線リニアは自治体との関わりもあるので、引き続き代表取締役として携わることが大きな力となる」(柘植氏)というように、リニア着工への道筋をつける役割を担う。

海外が葛西氏、リニアが山田氏と位置づけ、柘植新社長を含めた3人の代表取締役で、JR東海が抱える大プロジェクトを軌道に乗せていくわけだ。

柘植氏が会見で「この時期に大役を務められるのは、たいへん光栄」と述べたように、JR東海は2014年に東海道新幹線開業50周年を迎える。さらに、リニア工事の認可申請の準備が進んでおり、早ければ2014年度中の着工が見えてきている。

 大きな節目の年であるだけに、JR東海を知り尽くす葛西氏にはまだまだ会社の”顔”の一人であってもらいたい、ということなのだろう。国内のリニアだけでなく、悲願の新幹線やリニアの輸出を果たせるのか。2014年4月の新体制の発足は大プロジェクト実現に向けた試金石となる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。