ウルトラセブン「ポインター号」造った男の情熱

全国を疾走し「ロマンスカーと撮影」も実現

ところが数カ月後に、ある業者から「1958年式が手に入った」という連絡がきた。なんと、その業者は道路上を走っているクライスラーインペリアルを呼び止めて、その場で買い付けたというのだ。

代金は1万ドル。3~4日以内に振り込めという。友人たちに「ポインター号を造るのでカネを貸してほしい」と頼んで回った。誰もが驚いたが、資金は無事に集まり、送金することができた。

「本当に造れるのかなあ」。船便でクルマが日本に運ばれてくるまでの間、ずいぶん悩んだ。日本では珍しいクルマなので、造れなければ、転売してしまえばいいとも考えた。珍しいクルマなので、小遣い稼ぎにはなるだろう。でも、到着した真っ白な車を見て「これは造るしかない」と思い直した。「維持するのが大変だ。やめておけ」と忠告する友人もいたが、「僕が責任とるから」と、制作すると決めた。1991年、ポインター号の製造がスタートした。

食費を削って改造・整備

城井さんは決して自動車に詳しいわけではない。車検に詳しい人、造形に詳しい人、さまざまな知見を持った仲間たちとの共同作業だ。

ポインター号の設計図がないのは悩みの種だった。そこで、プロのモデラーにポインター号のミニチュアを造ってもらった。それを元に実寸ベースの設計図を造った。鉄板をたたき出して溶接する。失敗すると鉄板をはがしてもう一度造り直す。通常の改造車では軽量化のためにアルミやFRP(繊維強化プラスチック)を使うという。しかし、国産車でポインター号を造った人の助言に従って鉄板で造った。

1958年式クライスラー・インペリアルを改造して制作したポインター号(撮影:梅谷秀司)

改造を引き受けてくれた工場は自宅から遠く離れた九州の福岡。様子を見るために週末ごとに福岡に向う日々が続いた。改造に要した費用は300万円。さらに交通費も上乗せされた。

続いて、整備をして車検を通す作業だ。クルマの状態は決してよくなかった。エンジンはかかっても、トランスミッションが不調。直そうにも1950年代のアメリカ車の部品を調達するのは簡単ではない。運よく正規部品が手に入っても、なぜか取り付けできない。整備費用もばかにならない。当時は城井さんの給料も安く、食費を削ってしのいだという。

次ページ当時の製造スタッフもお墨付き
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT