ベビーシッターこそ「生産性向上」の切り札だ

経沢香保子氏は「日本人の勝算」をこう読んだ

女性の働き方改革こそが、日本の少子化に歯止めをかける(撮影:梅谷秀司)
2012年、女性社長としては当時の最年少39歳で、自ら設立した会社を東証マザーズに上場させ話題となった経沢香保子氏。氏は現在「日本にベビーシッターの文化を」をスローガンに掲げる、ベビーシッター・家事代行サービスのキッズラインを経営している。
「私は起業した当初から、子どもを産み育てやすい社会にしたいと考え行動してきました。とはいえ加速する日本の少子化に経営者としてどう対処すべきか考えあぐねていました。そんな中、シンプルで大切な回答の1つをこの本から学ぶことができました」
経沢氏が自身のtwitterで、そんな言葉で紹介したのが、『日本人の勝算 人口減少×高齢化×資本主義』(デービッド・アトキンソン著)だ。
経沢氏は、『日本人の勝算』をどう読んだのか。本書の何が、女性活躍の後押しをミッションとする経沢氏に刺さったのか。お話を聞いた。

「人口が減少するなら海外へ」の前に考えるべきこと

――『日本人の勝算』を手に取ったきっかけは、何だったのでしょうか?

『日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義 』は3万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

人口が減少しはじめ、今後、日本の社会がどうなっていくのかというのは、経営者である自分がつねに意識しているテーマでした。

周りの経営者の話を聞いても、国内のパイが小さくなるので、海外に出るしかないという発想が当然の流れになってますよね。正直に言うと、かつては私自身もそのひとりで、何年か先には国内と海外の売り上げを逆転させなくては、などと考えていました。

しかし、頭のどこかで「海外に出ることを考える以前に、何かやるべきことがあるのではないか」という意識がつねにあって、「人口減少」や「少子化」という単語には敏感に反応するようになっていました。そんな中で出合ったのがこの本です。

次ページ「時給を上げることが、日本全体に有益」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT