先輩就活生がウンザリした「印象の悪い面接」

大人げない圧迫面接、コンプラ無視の質問も

面接に呼ぶ前に企業は履歴書やエントリーシートを読み、じっくり選んでいそうなものだが、そういう準備をしていない面接官もいる。

「ESを読んでない」(理系・名古屋工業大学)

「エントリーシートをひっくり返して置かれていた面接」(文系・名古屋大学)

こういう面接官は、ビジネスマンとしても三流だろう。出会った学生は気の毒だ。会話のなかで知性は質問に表れるが、レベルの低い面接官も多そうだ。

「くだらない質問ばかり」(文系・上智大学)

「質問がマニュアルどおりの一問一答」(理系・東京理科大学)

「雰囲気も部屋の明かりも暗く、圧迫とまでは言わないが質疑が細かすぎるくらい細かい。大手企業になるほど、働くことでいらないような質問をする」(理系・東海大学)

なかには遅刻する面接官もいる。

「時間に遅れてくる面接官には腹が立ちました」(文系・明治大学)

人間味に欠ける「ネット面接」

ネットを使った面接も増えているが、学生の評判はいまひとつだ。相手の表情がつかみづらく、人間味に欠けているからだ。

「Skype面接だったため空気感がつかみづらかった」(文系・小樽商科大学)

「電話・Skype面接は相手の顔が見えないことや、遅延が発生するため、テンポよく会話をすることができなかった」(理系・同志社大学)

「ビデオ面接で相手の表情がわからないこと」(文系・京都府立大学)

ただ、企業にはメリットがある。面接の部屋の確保や面接官のスケジュール管理の手間は大きいが、Skype面接や録画面接を使えばそんな手間が軽減されるからだ。学生にとってもメリットはあり、訪問の手間が省ける。自室やキャリアセンターで面接できれば交通費もかからない。

とくに地方在住の学生が、都市部にある企業の面接を受ける場合は、対面式の面接と比べて経済的・時間的なメリットが大きい。たった20~30分の面接のために、面接開始時間によっては1泊2日にならざるを得ないこともあるからだ。

次ページウィキペディアを参考に質問?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング