新元号へ走り出す、「平成」の観光列車の勝算

「炭鉱」から「観光」へデザインで生き残り模索

「ことこと列車」は3月21日に運行開始。1年間で約120日の運行を予定している(筆者撮影)

鉄道の旅、中でもローカル線の旅をしていて、どうにも侘びしさを感じることがある。

もともとローカル線というのは住んでいる人の少ないところを走っているわけで、乗っている人も少ないし車窓だって山川海の美しさはともかく人里離れた寂しさがあるものだ。が、こうしたあたりは、はなからわかりきっているし、それがローカル線の旅をする目的の1つでもあるから構わない。

ときに感じる“侘びしさ”や“切なさ”は、人里離れた里山をゆく生粋のローカル線で感じるのとはまた別のものなのだ。かつて大いににぎわったけれど、時代の流れに抗しきれずに寂れていった路線、つまりは“役割を終えた”ローカル線の中にこそ、濃密に漂っている。

平成元年に発足した鉄道会社

そうした路線の1つが福岡県は筑豊地域を走る第三セクター、平成筑豊鉄道の3路線である。平成筑豊鉄道はその名のとおり平成元年、1989年に元国鉄の廃止対象となったローカル線(伊田線・糸田線・田川線)を引き継いで発足した。

もともと筑豊は炭鉱で栄えた地域であった。平成筑豊鉄道の各路線も、そうした炭鉱から石炭を運び出すために作られた。国内最大規模の炭鉱の町を走る運炭列車。それが平成筑豊鉄道のルーツである。

今も平成筑豊鉄道に乗ってみると、炭都を走る路線のにぎわいの残滓を感じ取ることができる。1時間に1本ばかり、それも通学時間帯を除けば単行の気動車が走るだけの典型的なローカル線でありながら、伊田線はなんと複線。さらに、伊田線と糸田線が分かれる金田駅やJR日田彦山線と接続する田川後藤寺駅などの構内の広さや長大なホームを含めても、いかにも今の平成筑豊鉄道とは不釣り合いなのである。

次ページ今春から観光列車が走る
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT