変わる車の税金、いつ買うのがオトクか?

消費税アップに加え、軽自動車税も引き上げ

まず軽自動車から見てみよう。

結論から言えば、軽自動車は、消費増税前に購入するのがいい。100万円のエコカー減税100%対象車を購入し、5年間保有したとすると、14年3月末までに購入する場合の税金総額は9万1000円。4月以降になると3万円の負担増だ。15年4月以降に購入すると、支払い額はさらに増える。

減税が適用されない車は、取得税と重量税の優遇がない分、負担が重くなる。が、消費増税のタイミングに合わせて、税金の支払額が大きくなるのは、減税対象車と同じだ。

その要因は、消費税と軽自動車税が上がるためだ。特に15年4月以降に新車を買った場合、消費税10%への引き上げと軽自動車税が従来より3600円上昇するダブルパンチをくらう。

普通車は「待ち」の選択肢も

では、普通車はどうか。

ハイブリッド車などエコカー減税100%対象車なら、14年3月末までに購入すると税負担を抑えられる。価格が200万円で車重が1.5トン未満の車を購入し、5年間保有した場合の税金の総額は、14年3月末までに購入すると28万5500円。これに対し、15年4月以降に購入すると10万円も高くなる。

ただし、ホンダの「フィットハイブリッド」などの人気車種は、今から契約しても14年3月末の納車に間に合わない。その点に注意が必要だ。

一方、減税対象ではない車の場合、慌てなくてて飛びつかなくてもよさそうだ。消費増税後に購入しても、現在とそれほど負担額は変わらない。消費税がアップする分、取得税の軽減によって相殺されるためだ。

自動車は値の張る買い物。後悔しないように賢く選びたい。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。