貿易赤字が初の2カ月連続1兆円台

11月としては過去3番目の大きさ

12月18日、財務省が発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。都内で2011年2月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 財務省が18日発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。輸出の回復に力強さが欠ける一方で輸入が高水準を維持し、2カ月連続で1兆円台の大幅な赤字となった。

赤字は17カ月連続で、1979年の統計開始以来3番目の大幅赤字を記録した。これまでの最大は2013年1月の1兆6335億円、2番目が2012年1月の1兆4907億円。赤字が2カ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めて。

先行きについて財務省では「変化ファクターがいろいろあり、確たることは言えない」(財務省筋)するにとどめている。

次ページ輸出は9か月連続で増加
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT