貿易赤字が初の2カ月連続1兆円台

11月としては過去3番目の大きさ

12月18日、財務省が発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。都内で2011年2月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 財務省が18日発表した11月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1兆2929億円の赤字となった。輸出の回復に力強さが欠ける一方で輸入が高水準を維持し、2カ月連続で1兆円台の大幅な赤字となった。

赤字は17カ月連続で、1979年の統計開始以来3番目の大幅赤字を記録した。これまでの最大は2013年1月の1兆6335億円、2番目が2012年1月の1兆4907億円。赤字が2カ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めて。

先行きについて財務省では「変化ファクターがいろいろあり、確たることは言えない」(財務省筋)するにとどめている。

次ページ輸出は9か月連続で増加
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT