ヴェゼルのターボ、乗ってわかるC-HRとの違い

新グレードを追加した「ヴェゼル」の実力は?

ホンダはSUV「ヴェゼル」に、1.5リッターターボエンジンを搭載した新タイプ「TOURING・Honda SENSING(ツーリング・ホンダ センシング)」を設定し、1月末から販売を開始した(写真:Honda Media Website)

日本国内でも人気が高いクロスオーバーSUV。そのジャンルにホンダが今年1月、新たなグレードを追加した。「ヴェゼル」に新設定された1.5リッターターボエンジン搭載グレードである「TOURING・Honda SENSING(ツーリング・ホンダ センシング)」だ。

2018年はC-HRに肉薄

ヴェゼルは、2013年12月に発売された。わずか5年前ではあるが、当時はまだクロスオーバーという言い方が広まっておらず、当時のヴェゼル紹介文には「SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには燃費性能まで、ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた全く新しいクルマ」と解説されている。

車名のヴェゼルは、カットした宝石の小さな面という英語のBezelと、クルマのVehicleを組み合わせた造語であり、角度によって表情を変える宝石のように、多面的な魅力と価値を持つクルマとの思いが込められている。それはまさに、今日のクロスオーバー車だ。

翌2014年の販売台数は、日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位によると年間9万6029台で7位。月平均で8000台を売るペースで人気を博した。その勢いは2015年も続き、9位にランクイン(販売台数は7万1021台)。2016年は順位を8位(同7万3889台)に上げ、好調を維持してきた

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな中、2017年に入り状況が変わり始める。トヨタ自動車が前年末に「C-HR」を発売したのだ。C-HRは2017年に11万7229台を販売し、4位に入った。対するヴェゼルは強力なライバルの登場で、6万4332台の販売で15位まで順位を落とした。だが、2018年は、CH-Rの販売も落ち着き、7万6756台で12位。ヴェゼルは5万9629台の14位で、ほぼ並走状態になった。2013年12月~2018年12月までのヴェゼルの累計販売台数は36.7万台に及ぶ。

C-HRという強力な競合を得ながら、販売台数に大きな崩れを見せないヴェゼルの底堅い商品力を改めて実感する販売動向といえる。そして年が明けた2019年1月、それまでの1.5リッターガソリンエンジンと、1.5リッターガソリンエンジンを使うハイブリッドに加え、1.5リッターガソリンターボエンジン車をヴェゼルは追加し、商品力強化を行った。

開発責任者は、「アンケートの結果、クルマの上質さについてはこれまでも上級車種と同等との評価をいただいてきましたが、走りについては上のクラスに比べ物足りないとの声に応えるものです」と、ターボ車追加の狙いを語る。

次ページ試乗して気づいたことは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT