ティーガイアが原宿に出店したワケ

アップバンクとのコラボでアクセサリー販売強化

画像を拡大
豊富な品揃えで学生を引きつける

従来の携帯電話端末から買い替えるユーザーを軸に、スマホ本体の販売は高いレベルで推移しており、ショップの店頭は繁忙状態だ。

ただし、接客の長時間化によるスタッフ増員など、経費負担が重くなっており、採算面では厳しい環境が続いている。業界トップのティーガイアでも、前期には赤字だった一部の家電量販店から撤退しているほどだ。

アクセサリーの種類が急増

一方で、スマホに付属して使用するアクセサリーに関しては多くのメーカーやブランドが参入し、人気が高まっている。最近では液晶保護用のカバーやケースだけでなく、毎日の健康管理に向けたリストバンド型の商品が販売されるなど、アクセサリーの種類も広がりを見せつつある。そこで、ティーガイアも携帯ショップの店頭でアイテム数を広げ、同時にアクセサリー専門店の出店に力を入れてきた。昨年11月に「Smart Labo」の店舗ブランドで出店を開始しており、「App Bank Store」も合わせて今期末には15店体制となる見込みだ。

 アクセサリー商品は総じて粗利益率が高く、高額の商材も多い。携帯ショップの店頭では、スマホ購入と同時に4000円~5000円のケースを買い求める客も珍しくない。新しい機種を手に入れた高揚感もあり、つい財布のひもが緩んでしまうようだ。十分な品揃えをするためにはそれなりの店舗面積が必要になる点がネックだが、接客の手間が掛からないこともあり、理想的な商材と言えるだろう。

ティーガイアは今後も、都心部を中心にアクセサリー専門店を出店していく構え。新たな収益源を目指し、販売店各社の”アクセサリー競争”はさらに過熱しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT