国会質問は出来レース?「進次郎神話」の限界

切り込み隊長役に浮上する「小泉厚労相」説

2月4日の衆院予算委員会で質問する自民党厚生労働部会長の小泉進次郎氏(写真:共同通信)

毎月勤労統計での不正発覚で、今国会は召集冒頭から「統計国会」となった。論戦の最初の見せ場となったのが、4日の衆院予算委員会での小泉進次郎・自民党厚生労働部会長の質問だった。

小泉氏は厚生労働行政の党側責任者として「危機管理能力が欠如している」などと厚労省を厳しく攻撃した。その一方、責任が問われる安倍晋三首相や根本匠厚労相へのエールも目立ち、野党側からは「出来レース」などの批判が相次いだ。

小泉氏、6年ぶりの国会質問だが…

小泉氏を質問者に起用した自民党は「国民的スターの小泉氏が政府を追及して、野党の攻撃の機先を制する」(国会対策委員会幹部)ことが狙いだったとされる。ただ、メディアの報道ぶりも含めて「効果は今一つ」(同)で、野党側から「進次郎神話の限界」(辻元清美・立憲民主国対委員長)と揶揄される始末だ。

小泉氏が予算委で質問に立つのは、2013年2月の初質問以来6年ぶり。昨年秋の党・内閣人事で自ら希望して厚労部会長となった小泉氏にとっても、「人気先行の天才子役」(自民長老)からの脱皮をアピールする良い機会でもある。気合十分で「統計不正」への切り込み隊長役に挑んだ。

小泉氏が質問席に座ったのは午前10時半過ぎ。野田聖子同委委員長の「小泉進次郎さん」との呼びかけに、カメラのフラッシュをあびて立ち上がった。「(質問は)6年ぶりです」と切り出し、環太平洋経済連携協定(TPP)について「自由貿易の拡大は安倍政権のポリシー。(前回は)党内でも少数だったTPP参加推進派として質問した」と初質問を振り返り、首相も「6年前は『総理が決断すればできる』と半分脅された」と軽口で応じて笑いを誘った。

次ページ厚労相への「援護射撃」に激しいやじ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。