39歳男性が非正規から中流に転身できたワケ

日産系列の会社で激しいリストラを経験した

一方で、正規雇用と非正規雇用の格差をゼロにすることは難しい、とも言う。「労働組合の人には怒られてしまうかもしれませんが、例えば、完全な同一労働同一賃金は現実的に難しい。

でも、僕が経験した、非正規公務員の年収が正規の3分の1というのは極端すぎる。8掛け、7掛けくらいなら、生活できます。どんな問題でも、ちょうどいい落としどころを、(正規労働者、非正規労働者を含めた)みんなで探すことが大事だと思うんです」

日産系列の会社員時代は「批判半分、懐かしさ半分」

ヨウジさんは、日産系列の会社員時代を振り返るとき、たびたび「日産らしさ」と言った。その言葉の意味を尋ねると、「批判半分、懐かしさ半分、といったところです」という。

「確かにあの社風では生き残れなかったかもしれません。でも、のんびりした日産だからいいと言ってくれるお客さんもいました。普通の能力の人が、普通に努力して、10年後、20年後の将来が描ける――。そんな会社があってもよかったんじゃないでしょうか」

再び夕方のオフィス。職場のテレビは、間もなく日産による会見が始まると伝えていた。同時進行で明らかになる「5年分の報酬 有価証券報告書に計約49億8700万円と記載」「実際は計99億9800万円」といったニュース――。

どっちにしても浮世ばれした金額に、日産時代の同僚たちの顔が思い浮かんだ。

上司の1人は日本年金機構へと転職した。正規職員ではない。また別の上司はコンビニエンスストアのオーナーとなり、夫婦で働いている。ある先輩は同業他社へと転職したと聞いた。当然、収入は激減だ。音信不通となった同期もいる。

「みんながもう少しずつ幸せになれる方法がなかったのかな、と考えてしまいます」

本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT