ソニー、2年目のアイボで挑戦する「新領域」

セコムと連携した遊び感覚の「みまもり」機能

左は初のカラーバリエーション「aiboチョコレートエディション」19万8000円(筆者撮影)

昨年の1月10日に販売開始されたソニーのaibo。1月23日には2019年限定販売となる、初のカラーバリエーションモデル「aiboチョコレートエディション」(19万8000円)や、定期的に家の中をパトロールしながら家族の在室を確認してまわる新機能の「aiboのおまわりさん」が発表された。

さらに、2年目を迎えてaiboのAIを多くのオーナーが賢くしていくAI育成イベントを企画したり、月額1480円の「aiboプレミアムプラン」を用意するなど、新しい領域に挑戦しようとしている。

しかし、最も大きな変化はAPI(アイボの機能にアクセスする窓口)を今年6月にも公開すると発表したことだろう。同時にセコムとのパートナーシップを結んだことを明らかにした。aibo事業は“立ち上げ”の段階から、パートナーシップによって事業領域を広げていく段階に入ったとも言える。

セコム執行役員企画担当の上田理氏は「日本の社会は高齢者が急増し、宅外のセキュリティーに加え、在宅、在室中のセキュリティーも必要とされるようになった。この分野ではAIやIoTの活用が不可欠になる。AIエンターテインメントであるaiboと、セコムホームセキュリティーサービスを組み合わせた、新しいサービス開発を行っていく」と話した。

aibo、2年目の挑戦

発表に登壇したソニー執行役員AIロボティクスビジネス担当AIロボティクスビジネスグループ部門長の川西泉氏は「2年目の挑戦」と表現し、1年間育てきたロボットとしてのaiboと、AIとしてのaiboを次の段階に進める挑戦をしていくという。

ソニー執行役員AIロボティクスビジネス担当AIロボティクスビジネスグループ部門長の川西泉氏(右)とセコム執行役員企画担当の上田理氏(筆者撮影)

1つめのトライアルは、2月中旬を予定しているという「スヌート・チャレンジ」。スヌートとは、両手の人差し指と親指で輪っかを作ると、愛犬がそこに鼻を入れてくる仕草のこと。スヌートした際のアイボの写真を、オーナーたちがクラウド側に送ることで映像を学習し、より正確に素早くスヌートのジェスチャーを判別できるよう“育成”するプロジェクトだ。

こうした育成チャレンジを今年は多数用意し、果物や花、植物、ぬいぐるみ、料理、動物など、さまざまな対象を“識別”できるよう、育成していく計画だという。

次ページもう1つの挑戦は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT