性暴力被害の実態を共有できる社会が必要だ

日常と地続きでとらえる自分事にできるか

伊藤詩織さん(以下、伊藤):本の感想の前に1つ。ノーベル平和賞の受賞者が発表される前、#MeToo運動の創始者のタラナ・バークさんの受賞を予想していたメディアがありました。その場合に備えて、私はコメントを求められていたのです。実際に今回この2人の受賞が決まって、もちろん喜ばしく思っていたのですが、ある人々からは、「#MeToo運動が受賞しなくて残念だったね」と。

ナディア氏と#MeToo運動はつながっている

荻上チキ(おぎうえ ちき)/評論家、TBSラジオ「荻上チキ Session-22」メインパーソナリティ。著書に『ウェブ炎上』(ちくま新書)、『災害支援手帖』(木楽舎)、『彼女たちの売春(ワリキリ)』(新潮文庫)、『いじめを生む教室』(PHP新書)ほか、共著に『夜の経済学』(扶桑社)、『ブラック校則』(東洋館出版社)ほか。

荻上:#MeToo運動と、この2人の性暴力への取り組みとの間に線引きをしてしまっている。

伊藤:そうです。今回の受賞は、性暴力の問題に大きな光を当てた重要なものです。なぜ「#MeToo運動ではない」と分けて残念がってしまう人がいたのでしょうか。

紛争下でのナディアさんやムクウェゲさんの取り組みも含め、あらゆる状況で性被害を受けた人々の苦しみとつなげて考えるべきなのではないでしょうか。

安田:同感です。日常で被害に合われた方がナディアさんの自伝を読んだとして、「こんな極限の悲痛な体験に比べたら、自分は……」と思い込んでしまうことがあってはなりません。

伊藤:実際、私とナディアさんは生まれ育った場所も違いますし、状況にしても直接比べられることは何1つありません。でも、ナディアさんの自伝を読んだとき、同じことを考えていたように思われる部分もあり、共感する場面が多くありました。

個人的な話ですが、先日、海外のイベントに招待され、宿泊先も用意していただきました。その部屋に入ると、私が性暴力の被害を受けたホテルとレイアウトがそっくりで、目にした瞬間にパニックになってしまいました。それで、その部屋に入れなかったのです。

私が被害を受けてから、もう3年以上経ちます。ジャーナリストとしての活動で、安全や命の危険を感じた場面だって何度もあります。なのに、1度の性暴力の経験に、なぜこんなに苦しむのか。

それは、性とは人の根源であって、自分が家だとしたらそれがベースになっているからではないかと思っています。自分を支えるベースが揺らぐと、自分が長期的に崩れてしまう。そして、それこそムクウェゲさんが「低コストの戦争の武器」と指摘したように、「戦争・紛争下での武器としての性暴力」が、組織的に使われてきた理由なのではないでしょうか。

次ページ社会にセーフティーゾーンが行き渡っていない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT