中国、中央政府機関から一部権限を剥奪

省庁再編に弾みつくか

12月11日、中国は、中央政府機関から一部権限を剥奪する。官僚主義の排除を狙ったもので、中国国務院が明らかにした。写真は11月、北京で撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] -中国は、中央政府機関から一部権限を剥奪する。官僚主義の排除を狙ったもので、中国国務院(内閣に相当)が10日に明らかにした。

発表によると、中国国家発展改革委員会(NDRC)や環境保護省を始めとする中央政府の多数の省庁から82件の権限を剥奪する。

中国共産党は11月、一連の改革案を発表したが、それには、行政の簡素化を通じた市場開放のほか、「中央政府によるマクロエコノミーの管理を可能な限り最小限に抑えること」が盛り込まれていた。

関係筋は、今回の国務院の措置で、省庁再編に弾みがつく可能性がある、と指摘する。再編では、エネルギーや環境を扱う「スーパー省庁」新設や、NDRCの役割・責務の縮小などが見込まれている。

巨大な影響力を持つNDRCをめぐっては、経済に高圧的に介入しているなとどして、改革を求める声が強い。国務院の発表によると、NDRCからは今回、石炭生産免許の新規発行権限を剥奪する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT