総合商社丸紅、電力出身の社長へ4月に交代

失敗経験生かし、商品軸の縦割り組織を変革

社長交代について記者会見する柿木次期社長(右)と國分社長(記者撮影)

「覚悟はできているんだろうな?」

総合商社5 位、丸紅の國分文也社長は1月7日の朝、柿木真澄(かきのき・ますみ)副社長にそう告げた。國分社長の後任として新社長になってほしいという打診だった。1月15日に開催した取締役会で柿木氏を社長とする人事案を正式決定し、4月1日から柿木社長、國分会長という経営体制がスタートする。

財務健全性は大きく改善した

2013年に社長に就任した國分氏は、財務体質強化に追われた。高値づかみとなった米穀物大手ガビロン買収などがあだとなって丸紅の財務体質が傷んでいたからだ。財務の健全性を示す負債資本倍率は2013年3月末時点の1.5倍から2019年3月末には0.9倍になる見通しと大きく改善した。

國分社長は社長在任期間を振り返って「(功績と呼べるような)大きなものはない」としつつ、「ただ5年、10年先を目指す上でのボトムラインはできた」と変革への備えを進めたと話した。

後任の柿木氏は1980年3月に東大法学部卒業後、丸紅に入社。現在、丸紅の収益柱の1つとなっている電力事業に携わり、2016年4月からは電力・プラントグループCEOとして電力事業を牽引してきた。

次ページ利益の2割を稼ぐ電力事業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT