アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

先週に続き、「メモの魔力」が1位を獲得

『メモの魔力』の快走は、いつまで続くでしょうか(画像:しげぱぱ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月6日~12日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『メモの魔力』が1位をキープ

今週(1月6日~12日)のランキングでは、先週に続き『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位に輝いた。大きな特殊要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『メモの魔力』(画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)がランクインした。アマゾンによると、ブログ記事やTwitterでの紹介など、口コミで人気が広がっている模様だという。

3位には『イオンを創った女』(東海友和著、プレジデント社)が前週64位から急上昇した。プレジデントオンラインの記事からの流入が多かったという。

前週101位から一気に9位につけたのが『いま君に伝えたいお金の話』(村上世彰著、幻冬舎)だ。MBS「教えてもらう前と後 2時間SP」に著者が出演し、注目が集まったという。

次ページ以降、200位までランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。