米株は続落、世界経済の減速懸念広がる

中国貿易統計受け、半導体株などが下落

 1月14日、米国株式市場は、続落して終了した。12月の中国貿易統計で輸出が予想外に減少したことから、世界経済の減速懸念が高まった。企業決算シーズンが始まるなか、投資家の警戒感が強まっている。ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場は、続落して終了した。12月の中国貿易統計で輸出が予想外に減少したことから、世界経済の減速懸念が高まった。企業決算シーズンが始まるなか、投資家の警戒感が強まっている。中国税関総署が発表した12月の貿易統計では、輸出が2年ぶりの大幅な落ち込みを記録し、輸入も減少した。ともに予想外のマイナスで、中国経済が2019年に一段と減速し、世界的な需要が低下する可能性を示す内容となった。

売上高のかなりの部分を中国でかせぐ半導体メーカーの下げがきつく、フィラデルフィア半導体指数<.SOX>は1.6%下落。テクノロジー株<.SPLRCT>は0.9%下げ、S&P総合500種を最も圧迫した。

世界経済を巡る懸念が高まる中、米企業の収益の伸びが堅調になるとの見方は後退している。

リフィニティブのプロプライエタリー・リサーチによると、米S&P総合500種指数採用企業の2018年第4・四半期決算は、前年同期比14.3%の増益と予想されている。一方、10月時点の増益率予想は20.1%だった。

ただ、この日発表されたシティグループ<C.N>の決算は、利益が予想を上回った。シティグループは4.0%上昇し、金融株セクター<.SPSY>を押し上げた。

15日には、JPモルガン・チェース<JPM.N>とウェルズ・ファーゴ<WFC.N>が決算を発表する予定。

破産法適用申請を準備中と発表した電力会社PG&E<PCG.N>は、52.4%下落した。

S&P総合500種はこの日下げたものの、昨年12月24日からは10%近く上昇している。米中通商協議への期待や米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が、このところ株価を押し上げている。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.76対1の比率で上回った。ナスダックでも2.18対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄をみると、52週高値を更新した銘柄はなかった。新安値を付けた銘柄は1つだった。

ナスダック総合構成銘柄では18銘柄が新高値を更新し、15銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は約68億株。直近20営業日の平均は88億3000万株だった。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種23909.84 -86.11 -0.36 23880.53 23964.9 23765.24 <.DJI>

0

前営業日終値 23995.95

ナスダック総合 6905.92 -65.56 -0.94 6908.03 6936.22 6887.48 <.IXIC>

前営業日終値 6971.48

S&P総合500種2582.61 -13.65 -0.53 2580.31 2589.32 2570.41 <.SPX>

前営業日終値 2596.26

ダウ輸送株20種 9630.92 +5.67 +0.06 <.DJT>

ダウ公共株15種 695.08 -18.78 -2.63 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1194.28 -18.76 -1.55 <.SOX>

VIX指数 19.09 +0.90 +4.95 <.VIX>

S&P一般消費財 822.70 -5.64 -0.68 <.SPLRCD

>

S&P素材 324.92 -2.52 -0.77 <.SPLRCM

>

S&P工業 571.14 -0.16 -0.03 <.SPLRCI

>

S&P主要消費財 527.67 -2.59 -0.49 <.SPLRCS

>

S&P金融 409.68 +2.95 +0.73 <.SPSY>

S&P不動産 197.82 -0.60 -0.30 <.SPLRCR

>

S&Pエネルギー 457.43 -0.85 -0.19 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1005.45 -11.83 -1.16 <.SPXHC>

S&P通信サービス 146.47 -0.60 -0.41 <.SPLRCL

>

S&P情報技術 1105.31 -10.22 -0.92 <.SPLRCT

>

S&P公益事業 264.22 -6.03 -2.23 <.SPLRCU

>

NYSE出来高 9.23億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 20130 - 190 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 20095 - 225 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。