スイスは「貧乏人はお断り」の国?

アムステルダム・フランクフルト・チューリッヒ・ウィーンの歩き方

 「編集長、これだけ旅行ネタ連日で投入していたら、広告スポンサー企業を旅行業界から引っ張ってこれるんとチガウか。円安で海外旅行の人気は落ちてるはずやから、これを機に俺が旅行会社への企業PR広告も、書いてみよか??」

インド、中国、イタリア、レバノンの友人とアムステルダムに向かう、グローバルエリート

という誰かさんの独り言が今にも聞こえてきそうだが、そろそろ「グローバルエリートは見た!」のタイトルを変えて、「グローバルエリートが旅行した!」に変更しなければならないくらい、連日の世界旅行特集である。

前回は東欧諸国に皆様をいざなったわけだが、本日はお待ちかね、オランダやドイツ、スイス等の西欧諸国に加え、駆け足で北欧にも皆様をお連れ申し上げよう。さぁみなさん、旅立ちの準備は万端ですか?

オランダのアムステルダムは、大麻も合法って本当?

「なんやそのブラウニーって?このマフィンの中に、大麻が練り込まれてるやと??こんなもん食べたら、アカン人になってしまうんとチガウか??」

アムステルダムはフランスの家から友人とドライブで行ったのだが、ご存じの通りこの町はレッドライトディストリクトや合法化されている麻薬で有名だ。なんか街もそんなに私の好みではないのだが、売っている訝しい品物の数々(ブラウニーやマッシュルーム、変な草に麻薬性物質が入っている)を求めて、ヨーロッパ中から人が集まっている。

なお困ったオジサンが大好きな“レッドライトディストリクト”は別にイヤラシイ雰囲気はなく、観光地と化しているというか、若いカップル連れなども多く歩いていて、チョット風変りな旅行スポットといった感じだ。

次ページ経済が好調なドイツの活気
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT