再発防止策も機能せず、ANAに相次ぐ不祥事

再発防止策も機能せず、ANAに相次ぐ不祥事

12月7日、全日本空輸(ANA)羽田発能登行き749便。機長から規定値を超えるアルコール反応が検出され、5分の遅延が発生した。同社は今年8月以降、アルコール反応による機長交代などで旅客機が遅れるケースが続出。社内規定を変更し、防止策を発表した直後の再発だった。実はこの3日前、12月4日にも乗客の搭乗確認ミスで出発が48分遅れた不手際があったばかり。理由は搭乗券のチェック漏れという何とも単純なミスだ。

「不祥事の連鎖を断ち切れていない。極めて重大な事態に陥っている」--。ANAの山元峯生社長は11月下旬の定例会見で危機感をあらわにした。が、それでもなお「お詫び」は繰り返されている。

今年に入って相次ぐANAの不祥事。春に展開した国内線上級席の誇大広告で公正取引委員会から排除命令を受けたのが8月末。だがその直後にも、景品の航空券が上限価格超過の可能性があるとして景品を差し替える不手際があった。9月中旬には、大規模なシステムダウンで大量欠航を起こす。昨年5月に同様のトラブルで再発防止を打ったにもかかわらず、だ。

ミスが相次ぐ理由として、山元社長は「管理職が部下に丸投げしている」と指摘したうえで「管理職が部下の一挙手一投足を取るときつくなる。そのバランスをどう取るかが問題だ」と持論を展開。自由闊達な社風が背景にあるとの言いぶりだ。

だが、ある業界関係者は指摘する。「コスト削減などは(経営再建中の)日本航空(JAL)よりANAのほうが一段と締め付けがきつい」。これまで社内一丸となってJALの背中を追いかけてきたANA。1人当たりの生産性向上のため、仕事量が増えていることに不満を持つ社員は少なくない。また、業界内部からは「JALの自滅で転がり込んだフラッグシップの座に慢心もあるのでは」との声も聞こえてくる。

かつてはJALの“お家芸”だった不祥事の連鎖。急降下はその小さなミスから始まった。ANAも早く断ち切らなければ、取り返しのつかない事態を起こしかねない。

企業データの詳細はこちら

(冨岡 耕 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT