アートが伝える「戦争・テロ・自然災害」の世界

現代社会の大惨事と美術はどう向き合うのか

津田:ごく私的だけど、心が引き裂かれる体験ですね。これを作ることで自らを守り、癒し、一方で家族を赦したい気持ちがあったのでは。異形で描く母親像も目に優しさがあり、慰霊や死者との対話でもあると感じます。

人間の表現欲は暴力的にもなる

スウーン:ありがとう。作品からそこまで感じ取ってもらえたことが嬉しいし、感動します。

オノ・ヨーコ《色を加えるペインティング(難民船)》2016 / 2016-2018年 ミクスト・メディア・インスタレーション Yoko Ono Add Color Painting (Refugee Boat) 2016 / 2016-2018 Mixed media installation 難民問題解決への願いから生まれた参加型作品。来場者はここに平和へのメッセージを描ける。これまでヨーロッパを目指す難民の多くが最初に向かうギリシャなどで発表されてきた(写真:HILLS LIFE DAILY)

スウーン:最後のオノさんの作品では、来場者がそこに描いた絵を、私は一本の線でつないでみました。避け難いカタストロフがあるとしても、災禍を軽減し、そこから立ち直るためのヒントが美術の中にあることを願っています。

津田:人間の表現欲はときに他者に対して暴力的にもなり得る。これはジャーナリズムも同様だし、東日本大震災の取材や、被災地での催しを企画した経験からそう思います。でも、作り手がそれを自覚した上で必然性をもって発する表現には、大事なものを伝える力や、再生につながる力があると信じています。

〔photo (installation view) by Keizo Kioku
edit & text by Shinichi Uchida〕

HILLS LIFE DAILYの関連記事
EVOLUTION FOR THE EMOTION 震える感情を伝えたいからゲームを「進化」させる
I AM WHAT I WRITE「僕は言葉だ」――片岡義男の新刊『あとがき』を読んで考えたこと
リアルの境界を破壊する最先端CG技術が集結!「シーグラフアジア 2018」レポート
 
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT