身近なガム、国内市場は4割超も縮小していた

「何となく買わなくなった」消費者も多い

コンビニなどでガム売り場付近にあるグミやタブレット菓子を見渡せば、ガムの独り負けが際立つ。市場規模はガムに比べて小さいものの、グミ・タブレット菓子はそれぞれ成長を続けている。2018年までの10年間で合計市場は約6割増え、800億円を超えた(インテージSRI)。

ガムユーザーだった一部の消費者はこうしたグミやタブレット菓子に流れている。リフレッシュのための清涼感のあるミント系ガムはタブレットへ、フルーツなどの味わいを楽しめるものはグミ市場へのシフトが見られるという。グミには果汁感を全面に打ち出したものや噛みごたえにこだわったものが多く、ガムと違って噛んだ後にゴミが出ないこともメリットだ。

ただ、縮小を続けるガム市場でメーカーが活路を見出しているものがある。それが“機能性ガム”だ。

スポーツ需要も取り込み狙う

中でも、ロッテが販売する「キシリトール」ブランドのガムの存在感は大きい。1997年に発売され、2003年には健康効果で国の認可を得た特定保健用食品(トクホ)に指定された。「歯に悪い」が定説だったガムを、一転「歯にいいガム」として売り出したことでヒットした。市場がピークを迎えた2004年は、キシリトールのボトル製品が発売された年でもある。

ボトル製品は広く消費者に受け入れられたが、メーカーにとっては単価減少につながるジレンマもある(記者撮影)

同社のガム売上高のおよそ半分がキシリトールブランドのため、市場全体でも3割弱を占めることになる。ピーク時から4割も縮小した市場にあって同ブランドの縮小幅は1割ほど。歯の健康を訴求する代替品が少なく、消費者が流出しにくいことが要因だ。

とはいえ、ロッテにとって、主力ブランドの減少はいち早く食い止めたいところ。そこで同社は、テレビCMなどの広告で、噛むこと自体の健康効果やキシリトールという成分の訴求に注力している。「嗜好性では代替手段がいくらでもある。機能性に注目されるようにしていく」(平井氏)。

そして今、熱い視線を注ぐのが、“スポーツ需要”だ。プロ野球選手に加えて、サッカーでも日本代表の長友佑都選手や元代表の内田篤人選手など、プレー中にガムを愛用するスポーツ選手を目にすることが多い。咀嚼(そしゃく)や、唾液の分泌によって心拍数が安定するという研究結果もある。地域のスポーツチームでガムを配布するなど、啓蒙や需要の取り込みを図っている。

シェア2位のモンデリーズ・インターナショナルも、トクホの「リカルデント」を2018年3月にリニューアル。「歯の健康」をより前面に押し出すなど、業界を上げて健康訴求を強めている。機能性を追求してガムの付加価値をいかに高めることができるか。新たな需要開拓のカギを握りそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT