安室奈美恵が「平成最後の歌姫」になれたワケ

彼女は山口百恵のような「生きる伝説」だ

平成を代表する歌姫・安室奈美恵。彼女が私たちの心を強く打った理由とは?(写真:Pascal Le Segretain/Getty Images)
今年9月に芸能界を引退した歌手の安室奈美恵さん。10~40代にかけてミリオンセラーを達成した彼女は「平成を代表する歌姫」と言っても過言ではありません。なぜ彼女は記録にも、記憶にも残る歌手になれたのか? その理由を自身の「安室奈美恵愛」を綴った『永遠ていう安室奈美恵なんて知らなかったよね。新宿2丁目も愛した歌姫』を上梓したばかりのアロム奈美江さんが語ります。

安室奈美恵が、今年(平成30年)デビュー日に当たる9月16日をもって芸能活動を引退した。

1992(平成4)年に女性アイドルグループ「SUPER MONKYE’S」のメインボーカルとしてデビューし、1995(平成7)年からソロ活動開始。トータル丸26年に及ぶ活動の軌跡は、いちファンとして端から見ていても決して平坦なものではなかったが、終わってみれば10〜40代の4年代においてそれぞれミリオンセラーを達成し、一過性の人気だけでは到底なしえない前人未到の記録を打ち立てた。

平成を駆け抜けた彼女の活躍は、昭和の美空ひばりや山口百恵のように伝説となり今後も語り継がれていくことは想像に難くない。安室奈美恵が、平成を代表する歌姫となりえた理由を考えてみよう。

SNSをやらないからこそ際立ったスター歌手

彼女がデビューした1990年代初頭には、まだ芸能人というのは一般人とはかけ離れたメディアという世界に住んでいて、なかなかお目にかかれないからこそ、崇高な存在だった。手が届かない存在が、”スター”だったのだ。

だが、インターネットが普及するとともに、芸能人もSNSで個人アカウントを立ち上げ、自分の日常をさらけ出し、ひとりの人間としての意見やメッセージを発信しはじめた。それにより一般人の共感を得て評判や注目度を上げることができたし、ファンもコメントをダイレクトに送れるうえに、運が良ければ芸能人から直接返信を受けることもできた。

また、2000年代には、AKB48をはじめとする「会いに行けるアイドル」が続々人気を集めた。近年では、そもそも一般人のはずのYouTuberが若い世代に支持され、渋谷でYouTuberが現れるのを待つ女子高生もいるというから、もはや芸能人顔負けの人気ぶりである。

今や、どれだけ一般視聴者やユーザーに親近感をもたせるかが人気者を作るキーポイントとなっている中で、安室奈美恵はその潮流に便乗するどころか、抗うかのように逆行した活動方針を貫いた。

次ページどこかミステリアスな安室奈美恵
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。