新垣結衣の「けもなれ」にモヤモヤな人の目線

世の中の汚さから距離を取っておいてほしい

「ストーリーにハマれない」という評価が目立っています(東洋経済オンライン編集部撮影)

ガッキー(新垣結衣)がピンチだ。

10月10日(水)にスタートした松田龍平とW主演のドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系 水曜よる10時~)の視聴率が芳しくない。

初回11.5%のあとは、2話8.5%、3話8.1%、野球で放送時間が大幅にずれ込んだ4話は6.7%(ビデオリサーチ調べ:関東地区)と下がり続けている。

今の時代、視聴率がすべてではなく、SNSで話題に上る視聴熱などが重要とはいえ、まだまだ視聴率で勢いが測られてしまいがち。世間は視聴率の低い理由を探してああだのこうだの語り合う。それも楽しみのひとつなのである。

ドラマにそんな「リアル」は欲しくない?

散見される意見は、「ストーリーにハマれない」こと。公私ともに冴えない主人公の日常にモヤモヤする。ここからはネタバレを含むことをあらかじめ断っておきたい。

「けもなれ」とも呼ばれている本作で、ガッキー演じる深海晶は広告会社でアシスタントディレクターの仕事をしているが、待遇以上の仕事をやらされて疲弊していた。そのうえ、付き合っている恋人・京谷(田中圭)の自宅マンション(持ち家)には元カノ・朱里(黒木華)が座敷わらしのごとく住んでいるため、晶がそこに住めない。つまり結婚にまで話が進まない。

公私ともにモヤモヤを抱えながら表面的にはニコニコと受け流している晶はさすがに耐えかねて、1話で地下鉄に飛び込みそうになる。SNSなどを見ると、視聴者としては、そこまで耐えているのが共感できないと思った人も多かったようだ。確かに、4年も居候している元カノとか、あまりにも異様な状況である。

晶は晶なりに、自分が置かれた状況に対抗する“戦闘服”としてアバンギャルドな服と靴を購入して、ことに当たろうと試みつつも、3話まで状況は上向かない。4話では、あろうことか、京谷が服のデザイナー・呉羽(菊地凛子)と一夜を共にしてしまい、モヤモヤがさらに募った晶は腹いせに、行きつけのクラフトビールバー5tapの常連・根元恒星(松田龍平)と一夜を共にしようとする……。

次ページ一緒に疲弊してしまう視聴者たち
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。