仕掛けられた『ジャパン・ラッシュ』の真実(上)

「デフレ縮小化」で日本が世界の中心となる

来年(2014年)1月に行う恒例の年頭記念講演会でも詳しくお話ししたいと思っているが、実はもう一つ、当時(2003年頃)の私がはっきりと気づいたことがある。いやもっと正確にいうと、彼・彼女らにこう言われたのである。

「これから2015年までの間に起きる一連の出来事によって、日本が世界の中心になる可能性が高い。だが同時に、それらの出来事によって、真っ先に潰されるのが日本となる可能性も同じくらい高い。いずれにせよ、決着は2020年までにはつくはずだ」

これを聞いて、当時の私は一体何が何だかわからなかった。しかしこの言葉を聞いてからというもの、私は自分を押し出す風のようなものを、日々感じるようになった。そして2005年3月末、「なぜわざわざキャリアの外交官という立場を自分の意思で捨てるのか」と多くの人々に言われる中、私は外務省を去った。そうしないといけない、もっと自由な立場にならなければこの謎のメッセージに対して、日本人である自分なりの答えが出せないと強く想ったからだ。

あれから実に8年以上の月日が経った。そしてようやく今、つかむことの出来た「答え」を広く知らしめるために書いた本。それが小著『ジャパン・ラッシュ』というわけなのである。以下、(下)に続く。(下)は9日に配信の予定です。 

 

 

 

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT