前場の日経平均株価は大幅続落、356円安に

アメリカ株下落の流れ引き継ぎ、売りが先行

 12月20日、前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比356円49銭安の2万0631円43銭となり、続落した。写真は都内で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比356円49銭安の2万0631円43銭となり、続落した。前日の米国株が大幅に下落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行した。為替が円安に振れた場面では下げ幅を縮小させたが、戻りは続かず、その後、先物主導で売りが強まると、前引けにかけて300円超に下げ幅を拡大した。

米株安の背景には、米連邦公開市場委員会(FOMC)が予想よりハト派的ではなかったとの見方があるとされるが、市場からは「想定の範囲内にとどまった印象だが、マーケットの環境の悪さが鮮明に出てしまった」(東海東京調査センターのマーケットアナリスト、仙石誠氏)との声が出ていた。

TOPIXは1.38%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2774億円だった。セクター別では東証33業種中、石油・石炭製品、鉱業、電気・ガス以外の30業種が値下がり。電力株は外部環境に左右されにくいディフェンシブ銘柄として物色された。

半面、海運、証券、機械、電気機器などが値下がり率上位に入った。前日、米半導体大手マクロン・テクノロジーが大幅安となり、半導体、ハイテク関連銘柄の心理的な重しとなった。マイクロンは第2・四半期(12─2月)の業績見通しがアナリスト予想を大幅に下回った。携帯電話やコンピューターへの需要減速でメモリーチップが供給過剰と指摘された。

東証1部の騰落数は、値上がり172銘柄に対し、値下がりが1921銘柄、変わらずが37銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT