なぜ女性はどの世代も「韓流」を見まくるのか

U-NEXTで一番見られているコンテンツとは?

見放題の韓流視聴ランキングの結果を最後に紹介すると、1位は『太陽の末裔』でした。惹かれ合う軍人のユ・シジンと女医カン・モヨンの二人の主人公によるラブロマンスストーリーです。映像の美しさと甘い台詞の数々をちりばめた同作は、世界でも評価されています。

2位にはシンデラ・ラブコメディの『雲が描いた月明かり』が続き、3位以降もラブ系が上位を占めています。また日本の地上波連ドラでリメイクされた作品である『グッド・ドクター』や『シグナル』なども50位以内に入っています。オリジナルに対するニーズが高まった結果からでしょう。一方、韓国をはじめ世界では今人気のサスペンス系はU-NEXTの韓流ファンからは今のところ、高い支持を得られていないようです。

「韓流・アジアジャンル」は視聴時間も長い

視聴分析データによれば、韓流・アジアジャンルはほかのジャンルに比べて、一人あたりの視聴頻度が高く、かつ視聴時間も長いことがわかりました。全体の再生時間に至っては韓流・アジアジャンルは全体の2割を占めるほどです。そんなアクティブユーザーである韓流ファンは配信サービスを支えているクラスターであることは間違いないでしょう。

『太陽の末裔』のような良作もそろい、若い世代からも支持を得る役者の起用にも積極的な韓国ドラマ。こうした戦略的な攻めと、それを熱く受け止めるファンのバランス関係が長年にわたり保たれていることが人気の理由にあるのだと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。