なぜ女性はどの世代も「韓流」を見まくるのか

U-NEXTで一番見られているコンテンツとは?

見放題の韓流視聴ランキングの結果を最後に紹介すると、1位は『太陽の末裔』でした。惹かれ合う軍人のユ・シジンと女医カン・モヨンの二人の主人公によるラブロマンスストーリーです。映像の美しさと甘い台詞の数々をちりばめた同作は、世界でも評価されています。

2位にはシンデラ・ラブコメディの『雲が描いた月明かり』が続き、3位以降もラブ系が上位を占めています。また日本の地上波連ドラでリメイクされた作品である『グッド・ドクター』や『シグナル』なども50位以内に入っています。オリジナルに対するニーズが高まった結果からでしょう。一方、韓国をはじめ世界では今人気のサスペンス系はU-NEXTの韓流ファンからは今のところ、高い支持を得られていないようです。

「韓流・アジアジャンル」は視聴時間も長い

視聴分析データによれば、韓流・アジアジャンルはほかのジャンルに比べて、一人あたりの視聴頻度が高く、かつ視聴時間も長いことがわかりました。全体の再生時間に至っては韓流・アジアジャンルは全体の2割を占めるほどです。そんなアクティブユーザーである韓流ファンは配信サービスを支えているクラスターであることは間違いないでしょう。

『太陽の末裔』のような良作もそろい、若い世代からも支持を得る役者の起用にも積極的な韓国ドラマ。こうした戦略的な攻めと、それを熱く受け止めるファンのバランス関係が長年にわたり保たれていることが人気の理由にあるのだと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT