なぜ女性はどの世代も「韓流」を見まくるのか

U-NEXTで一番見られているコンテンツとは?

幅広い層から人気を得ている韓流ですが、ジャンルによって視聴クラスターは異なります。

各ジャンルから5作品を抽出し、性年代別に平均値を算出したところ、「ラブコメ」は10代女子が全体の12.2%、20代前半女性は17.8%を占めました(U-NEXT9月調べ、以下同)。10%に満たない各世代と比べて、「ラブコメ」は10~20代女子から圧倒的に支持されています。韓国エンターテインメント市場が拡大しているのは、K-POP、K-DRAMA、K-MOVIEと音楽と映像のセットによって、若い世代に訴求できているからでしょう。

男性は「歴史・時代劇」を支持

また「ラブロマンス」は20代前半女性が16.2%、次いで40代後半も高く9.8%でした。定番の男女三角関係のストーリーが繰り広げられ、愛情も感情表現も豊かな国民性が作り出すラブロマンスは韓流の真骨頂。ドラマ好き世代から支持されています。

「歴史・時代劇」は予想通りの結果とも言えます。最も支持している層は40~50代でした。男性の比率も上がり、ラブ系では2割に満たなかった男性が4割近くに増えます。またほかのジャンルと比べると、世代ごとの偏りが少ないことも特徴です。国も時代も越えて、普遍的な人間関係に焦点が当てられる時代劇の強さを物語っています。

全ジャンル対象の「女性年代別ランキング」、2018年8月時点(図:U-NEXT)

U-NEXTで2018年8月に配信された1カ月分の全作品のうち、女性の年代別ランキングからも、上位ランキングに韓国コンテンツが占めていることがわかりました。

60代女性に至っては、1~10位まで韓国コンテンツが占めていました。ラブコメ『じれったいロマンス』から時代劇『師任堂(サイムダン)色の日記』まで、各世代にある上位ランキング韓流作品をほぼ網羅。模範的な韓流ファンは、初期の頃から支え続けている60代女性であることがうかがえます。

『太陽の末裔 Love Under The Sun』 Licensed by Next Entertainment World (C)2016 Descendants of the Sun SPC

また10~50代はアニメ作品の『進撃の巨人シーズン3』と『はたらく細胞』と韓流が競り合っています。コアファン層から支持される傾向が高い配信サービスならではのコンテンツランキングの特徴なのかもしれません。一方、10代女子の1位がアニメ作品を抑えて『太陽の末裔』であることは意外な結果です。10代は韓流コンテンツが5作品もランクインしています。韓流の勢いは衰えるどころか、次世代ファンまで育てていることがこの結果からもうかがえます。

次ページ韓流視聴ランキングの1位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。