「スピンオフドラマ」が本家以上に人気の理由

「今日俺」ヒットの理由はHuluにあった?

Huluではスピオンオフとして『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』が配信されている(写真:(C)NTV)

地上波ドラマと連動したスピンオフドラマが、各社配信サービスで展開されることが増えています。

この連載の一覧はこちら

地上波でそのまま続編や番外編として企画されることは、決して珍しくはありません。人気作は映画でさらなる収益化を目指すものもあります。時に本編のバイプレーヤーが主人公となって視点を変えたストーリーも作られます。

その狙いはコンテンツの循環拡大。配信で展開される場合もこれまでその役割を担ってきましたが、配信スピンオフドラマは「おまけ」といった位置づけが強かったとも言えます。それが今、変わりつつあります。

Huluの年間視聴者数「トップ20」は?

Huluを運営するHJホールディングスが発表した2018年の「Hulu年間視聴者数ランキング」からも変化の動きが見て取れます。まずは総合ランキングの結果を見ると、安室奈美恵さんの引退までの1年間に密着した話題作のドキュメンタリー『Documentary of Namie Amuro “Finally”』が堂々1位。そのほかトップ10にはアニメ『名探偵コナン』(4位)、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』(6位)など稼ぎ頭のコンテンツが並んでいます。

そんななか、Huluオリジナルストーリーの『トドメのパラレル』がトップテン入りしました。同作品は2018年1月クール日曜ドラマ枠で放送された連続ドラマ『トドメの接吻』(日テレ系)のスピンオフドラマです。本編の『トドメの接吻』も総合ランキング20位以内に入っていますが、スピンオフドラマが順位を上回る結果でした。

次ページ順位が逆転した理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT