「スピンオフドラマ」が本家以上に人気の理由

「今日俺」ヒットの理由はHuluにあった?

Huluではスピオンオフとして『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』が配信されている(写真:(C)NTV)

地上波ドラマと連動したスピンオフドラマが、各社配信サービスで展開されることが増えています。

この連載の一覧はこちら

地上波でそのまま続編や番外編として企画されることは、決して珍しくはありません。人気作は映画でさらなる収益化を目指すものもあります。時に本編のバイプレーヤーが主人公となって視点を変えたストーリーも作られます。

その狙いはコンテンツの循環拡大。配信で展開される場合もこれまでその役割を担ってきましたが、配信スピンオフドラマは「おまけ」といった位置づけが強かったとも言えます。それが今、変わりつつあります。

Huluの年間視聴者数「トップ20」は?

Huluを運営するHJホールディングスが発表した2018年の「Hulu年間視聴者数ランキング」からも変化の動きが見て取れます。まずは総合ランキングの結果を見ると、安室奈美恵さんの引退までの1年間に密着した話題作のドキュメンタリー『Documentary of Namie Amuro “Finally”』が堂々1位。そのほかトップ10にはアニメ『名探偵コナン』(4位)、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』(6位)など稼ぎ頭のコンテンツが並んでいます。

そんななか、Huluオリジナルストーリーの『トドメのパラレル』がトップテン入りしました。同作品は2018年1月クール日曜ドラマ枠で放送された連続ドラマ『トドメの接吻』(日テレ系)のスピンオフドラマです。本編の『トドメの接吻』も総合ランキング20位以内に入っていますが、スピンオフドラマが順位を上回る結果でした。

次ページ順位が逆転した理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT