「スピンオフドラマ」が本家以上に人気の理由

「今日俺」ヒットの理由はHuluにあった?

「パラレル進行型」は先の『トドメのパラレル』、「未公開型」は2018年10月クール日曜ドラマ枠で放送された『今日から俺は!!』がその代表例です。

Huluではスピオンオフとして『今日から俺は!! 未公開シーン復活版』が配信されています。売りはアドリブ合戦。尺が決まっている地上波放送では、絶妙の間合いや奇跡のアドリブをカットせざるをえません。

一方Hulu版では、主演の賀来賢人をはじめ、コンビ役の伊藤健太郎、脇を固めるムロツヨシ、佐藤二朗ら福田雄一監督作品には欠かせない常連の役者陣らのそんなシーンがふんだんに盛り込まれています。そんな現場で作られたことも地上波でのヒットにつながっているのかもしれません。

高谷氏は、日本テレビのドラマ制作チームと配信チームとの関わり方の変化についても述べていました。

「クランクイン前の脚本の段階から、ドラマの内容によってどのように連携するのがベストかを検討しています。ドラマを楽しんでもらう最適な形を目指し、Huluオリジナルストーリーを作っています」

配信主流の時代目前、収益化を分散する動きへ

配信主流の時代目前。コンテンツの収益化は、放送起点からコンテンツ起点へと、変化が求められています。これまでのように地上波放送だけを考えて回収するモデルだけではテレビ局の経営は厳しくなっています。

収益化を分散する。つまり、さまざまなメディアウィンドーで展開できるコンテンツに投資する動きが活発になっていくでしょう。

例えば、海外市場ではIP(知的財産権)開発も注目されています。まだ出版も放送も配信も映画化も決まっていないストーリーの取引を始めているのです。筆者が毎年現地取材するフランス・カンヌのコンテンツ見本市「MIPTV」では、IP開発会議と銘打った場が設けられ、世界各国のドラマプロデューサーや脚本家らが集まり、まだどこにもない新しいコンテンツの種を探しています。

そんな流れのなかで、日本でも配信スピンオフドラマの位置づけが「おまけ」から脱却しつつあります。作る人も出る人も同じでも、作り方が変わることによってコンテンツも変わるものだと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT