13日の米株式市場、S&P500ほぼ横ばい

値動き荒く、ディフェンシブ銘柄が高い

 12月13日、米国株式市場では値動きの荒い展開の中、S&P総合500種がほぼ変わらずで取引を終えた。NYSEで11日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国株式市場では値動きの荒い展開の中、S&P総合500種がほぼ変わらずで取引を終えた。国内外の問題を巡る懸念からディフェンシブ銘柄が選好される一方、金融株や一般消費財株が下げを主導した。

ダウ工業株30種は小幅上昇したが、S&Pは終始プラス圏とマイナス圏を行き来し、米中通商協議進展への期待を背景にした序盤の上昇を維持できなかった。

中国商務省の高峰報道官は13日の定例会見で、中国と米国は貿易を巡って密接に協議していると述べた。[nL3N1YI340]

チャールズ・シュワブ・インベストメント・マネジメントの株式担当最高投資責任(CIO)、オマー・アギラー氏は「市場は非常に神経質になっている。午前は楽観ムードだったが、その後、懸念が再燃した」と指摘した。

同氏は、米連邦準備理事会(FRB)の利上げや、米国債の利回り曲線(イールドカーブ)フラット化、米中通商協議、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感などが投資家の懸念材料になっていると語った。

S&Pは一時0.75%上昇していた。

13日公表のロイター調査で、米国債のイールドカーブで長短金利差が逆転する「逆イールド」の本格的な発生が今後半年以内との予想が示されたことも、投資家の懸念材料となった。3カ月前の前回調査に比べて予想時期が大幅に早くなった。

 

S&Pの主要11セクターの中でディフェンシブ銘柄が上昇を主導、公益事業株<.SPLRCU>は0.9%高、不動産株<.SPLRCR>は0.6%高、主要消費財株<.SPLRCS>は0.7%高となった。

金融セクター<.SPSY>は0.6%安。銀行株<.SPXBK>が1%下落した。一般消費財セクター<.SPLRCD>は0.44%安。軟調な小売株<.SPXRT>に圧迫された。小売株は3営業日続伸に終止符を打ち、0.4%下落した。

スポーツ用品のアンダーアーマー<UAA.N>は5営業日続落し、5.2%安。2019年の売上高の伸びと利益見通しが市場予想を下回った。

素材セクター<.SPLRCM>は1.1%安。

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は7.3%上伸。JPモルガンが投資判断を「ニュートラル」に引き上げた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.70対1の比率で上回った。ナスダックでも2.88対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は75億5000万株。直近20営業日の平均は80億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24597.38 +70.11 +0.29 24575.8 24740. 24473. <.DJI>

6 96 29

前営業日終値 24527.27

ナスダック総合 7070.33 -27.98 -0.39 7135.28 7154.6 7034.8 <.IXIC>

4 2

前営業日終値 7098.31

S&P総合500種 2650.54 -0.53 -0.02 2658.70 2670.1 2637.2 <.SPX>

9 7

前営業日終値 2651.07

ダウ輸送株20種 9672.74 -161.07 -1.64 <.DJT>

ダウ公共株15種 759.55 +6.01 +0.80 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1194.59 -4.31 -0.36 <.SOX>

VIX指数 20.61 -0.85 -3.96 <.VIX>

S&P一般消費財 823.98 -3.63 -0.44 <.SPLRCD>

S&P素材 322.51 -3.70 -1.13 <.SPLRCM>

S&P工業 569.31 -1.45 -0.25 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 566.43 +3.87 +0.69 <.SPLRCS>

S&P金融 404.86 -2.40 -0.59 <.SPSY>

S&P不動産206.08 +1.25 +0.61 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 467.05 +1.68 +0.36 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1062.49 +0.84 +0.08 <.SPXHC>

S&P通信サービス 145.92 -0.26 -0.18 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1158.09 +2.25 +0.20 <.SPLRCT>

S&P公益事業 287.02 +2.51 +0.88 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.58億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21685 - 95 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 21635 - 145 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。