米年末商戦、「サイバーマンデー」は2割増

スマホ経由のモバイルショッピングが牽引

ブラックフライデーにはお店が混み合う、というのは古い話だ

モミの木の下に置かれた多くのプレゼントを家族や同僚、友人皆で開けながら祝う、アメリカのクリスマス。そのギフトなどを買って、お互いに贈り合う歳末商戦は例年、感謝祭(11月第4週の木曜日)の翌日(ブラック・フライデー、今年は11月29日)から本格化する。

しかし、最近はリアルな店舗に足を運んで、実際に試したり、触って買うよりも、オンラインによる購入が急激に増えている。

そのネットによる買い方も、大きく変化しつつある。「スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使って、長い時間をかけて年末の買い物をする消費者が増えている」と、消費行動を分析するアナリストは解説する。

ブラックフライデーの人出は前年比5%減

多くの買い物客が小売店の売り出し商品を競い、真夜中から小売店前に列をなして目玉商品をねらう先週金曜の(黒字という意味の)ブラックフライデー。フタを開けてみると 、死者やケガ人が出た通年より落ち着いており、 前年比だと5%ほど買い物客が小売店鋪から減った。

その一方で、感謝祭が開けた出勤初日の月曜、「サイバーマンデー」のネット売上高は過去最高といわれる。 米調査会社のコムスコアは 12月2日月曜のサイバーマンデーの売り上げは、対前年同日比で20%増の20億ドルの売上高になるとの見通しを明らかにした。

次ページ売れ筋は家庭用ゲーム機
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT