M-1の審査にケチをつけたがる人への違和感

準優勝でも「和牛」が圧倒的にすごいワケ

M-1グランプリ2018決勝進出が決まった9組。左からギャロップ、トム・ブラウン、ジャルジャル、スーパーマラドーナ、かまいたち、見取り図、ゆにばーす、霜降り明星、和牛(写真:日刊スポーツ)

12月2日、お笑い界最大のイベントが行われました。漫才日本一を決める『M-1グランプリ(以下、M-1)』です。その注目度や影響力はほかのお笑いコンテストとは比較になりません。普段はそれほどお笑いを熱心に見ていなくても、『M-1』だけは必ずチェックするという人も珍しくありません。毎年12月に生放送される決勝戦の模様は、年末の風物詩としてすっかり定着しています。

もちろん、出場する芸人にとっても『M-1』は格別に重要なイベントです。決勝に進んで優勝したり目立ったりすれば、一夜にしてその芸人の人生が変わります。まったくの無名だった芸人がその日からスターになれる可能性がある。『M-1』はまさに夢をつかむためのイベントなのです。

最近の『M-1』に対する違和感

ただ、『M-1』に関して少しだけ気になることがあります。大会が終わると、視聴者がSNSなどでそれぞれの感想をつぶやき合います。その中で、「審査結果に納得がいかない」「あの審査員の審査はおかしい」などと、審査内容に関してあれこれ意見を書き込む人が目立つのです。

テレビ番組をどう楽しむかはその人の自由なので、それ自体が悪いとは言いません。それも『M-1』の楽しみ方の1つでしょう。ただ、個人的な印象としては、『M-1』を見た人の多くが、審査のことばかりを過剰に気にしているような気がするのです。

『M-1』はお笑いコンテストであると同時に、1つのバラエティ番組でもあります。本来、笑いで勝ち負けを決めるのは不自然なことです。大会や番組をよりエキサイティングなものにするために、あえて審査を行って点数をつけているだけなのです。視聴者側は審査の結果をあまり深刻に捉えずに、そういうものとして楽しむというのが健全ではないでしょうか。

もちろん審査自体を味わう楽しみを否定するつもりはありません。ただ、審査ばかりに気を取られて、本来の「漫才の面白さ」に目が向かなくなることがあるとしたら、それは本末転倒ではないかと思うのです。

『M-1』で決勝に進んだ10組の芸人は、いずれも漫才の世界で頂点に近いところにいる超一流のプロばかり。便宜上、1位から10位までの順位が決められるわけですが、基本的には全員が全員とてつもなく面白い。勝者と敗者の間には紙一重の差しかありません。

次ページ特筆すべきは「和牛」の奮闘
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT