ファーウェイCFO逮捕、中国大使館が厳正抗議

サイト経由で孟晩舟氏の即時釈放を求める

 12月6日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことについて、在カナダ中国大使館は、逮捕に断固として反対すると表明し、カナダと米国に厳正な抗議を行ったと明らかにした。写真はファーウェイのロゴ。2月にバルセロナで撮影(2018年 ロイター/Yves Herman)

[上海 6日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことについて、在カナダ中国大使館は、逮捕に断固として反対すると表明し、カナダと米国に厳正な抗議を行ったと明らかにした。

大使館はウェブサイトに掲載した声明で、孟氏の即時釈放を求めるとした。

カナダ司法省によると、孟氏は今月1日に逮捕され、米国に身柄が引き渡される可能性がある。関係筋によると、逮捕は米制裁措置への違反に関連しているという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT