25歳女性が「お見合い」で結婚を決めたワケ

中高一貫の女子校から名門女子大に進学した

昨今では結婚年齢が上昇しているが、そんな中、25歳が結婚を急ぐ理由とは(写真:Ushico/PIXTA)
今年の3月に入会してきた25歳の女性が、4月にお見合いをした9つ上の男性と成婚を決め、9月に成婚退会をした。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「若くしてお見合い結婚をする人生の選択」について考えたいと思う。

3月のある日、山神瑞穂(25歳、仮名)が、面談にやってきた。ショートヘアに黒目がちの大きな瞳が印象的で、アイドルグループのメンバーにいてもおかしくないくらいのかわいらしい容姿だった。そんな彼女が、開口一番に言った。

「お見合いをして、できるだけ早く結婚したいんです!」

年齢的にも見た目的にも、普通に生活をしていればすぐにボーイフレンドができるだろうし、合コンや飲み会に行けば、真っ先にモテるタイプだろう。それがなぜ25歳にして、あえてお見合い結婚を選ぶのか。スペック重要視ということか?

「時間の無駄はイヤ」

「べつに玉の輿に乗りたいわけではありません。結婚しても仕事は続けたいし、経済的にもパートナーに頼るような生活はしたくない。

ただ恋愛で相手を見つけたとしても、その先に結婚があるかどうかはわかりませんよね。こちらが結婚したいと思って付き合っているのに向こうにその気がなかったら、付き合った時間が無駄になってしまう。結婚する意思のある人と出会いたいんです」

この連載の一覧はこちら

実はここに来る1年前にも、結婚相談所に登録をしていたという。そこは、瑞穂が卒業した女子大の同窓生やその親族関係者が登録している相談所だった。身内で構成されているので男性の素性に安心感はあったが、登録人数が圧倒的に少なく、お見合いが思うように組めなかった。

そこで、この連載記事を読み、私を訪ねてきた。

「30までには子どもを産みたいんです。あと5年あるけれど、出会って結婚して妊娠して出産をするまでには、2、3年かかる。今から活動を開始しないと、間に合わないと思ったんです」

次ページ失恋の反動が結婚欲へ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。