25歳女性が「お見合い」で結婚を決めたワケ

中高一貫の女子校から名門女子大に進学した

復縁工作の仕方は、こうだった。

まずは、探偵が彼の行動範囲内に現れて、仲のいい友達になる。その後、依頼者と自然な形で出会えるような状況を作る。そこから探偵が間に立って、2人の仲を取り持っていく。

「『だからといって、人の気持ちなので絶対に復縁できるとは限りません』とも言われました。話を聞いているうちに、『成功するかどうかわからないのに300万円を払う価値があるのかな。それに、私、なんだかストーカーみたい』と思って、ここで憑き物が落ちたように冷静になりました(笑)」

人の気持ちをお金で買うよりも、幸せになれる結婚相手を探そう! そう考えた瑞穂は、結婚相談所で結婚相手を見つけることにした。相談所の経緯は、冒頭に記したとおりだ。

今回結婚を決めた井崎雄大(34歳、仮名)は、私の相談所で5人目に見合いをした相手だ。出会ってから約半年の付き合いを経て、10月にプロポーズをされ、それを受けた。

結婚の決め手は、彼のおおらかな性格だった。

「井崎さんは、私が自己開示をした2人目の男性です(笑)。学生時代に優等生ぶっていたけれど、とても生きづらかったこと。医大生に失恋したこと。失恋を機に1人で生きていくことを決めたけれど、会社の先輩が産休に入っていくのを見て、“こういう人生もあるな”と思ったこと。失恋相手が忘れられなくて復縁工作ができないかと探偵バーに行ったことなど、すべてを話しました」

すると、彼が穏やかな口調で言った。

「若いときって、いろんなことがあるよね。でも、それで今があるんだから、無駄な経験はひとつもないよ」

これまで生きてきた過去も、今も、やわらかな笑顔ですべてを受け入れてくれた。

「だからこそ、この人となら未来を紡げると思ったんです」

25歳の結婚は早いのか、遅いのか

婚約してから、大学時代の仲良しグループに、『私、結婚することになりました!』という、LINEを入れた。

「えっ、彼氏もいなかったのに、なんで結婚?」

「結婚相談所? いつ入ったの?」

「私はまだ恋愛したいから、結婚はもっと先でいいな」

「結婚相談所より、合コン、街コンのほうが楽しそうじゃない?」

友人からの反応はさまざまだった。

25歳の結婚は早いのか、遅いのか。その捉え方は、人によって違うだろう。たった一度の人生だ。その結婚に後悔がなければ、時期はいつでもいいのかもしれない。

ただ過去の終わってしまった恋愛の残像を宝物のように持ち歩き、再生することのない恋にしがみついていても、何も生まれない。それは自己満足にしか過ぎない。

大切なのは、今の自分がどうしたらリアルに幸せになれるのかを考え、行動を起こすことではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。