「プレイヤーズファースト」本当の意味は何か

誤用、乱用するスポーツ界の残念な大人たち

11月20日は国連が定めた「世界子どもの日」だった。この日、東京、品川の「ユニセフ・ハウス」で、日本ユニセフ協会は「子どもの権利とスポーツの原則」を発表した。この原則は10の項目からなる。

1.子どもの権利の尊重と推進にコミットする
2.スポーツを通じた子どものバランスのとれた成長に配慮する
3.子どもをスポーツに関係したリスクから保護する
4.子どもの健康を守る
5.子どもの権利を守るためのガバナンス体制を整備する
6.子どもに関わるおとなの理解とエンゲージメント(対話)を推進する
7.スポーツ団体等への支援の意思決定において子どもの権利を組み込む
8.支援先のスポーツ団体等に対して働きかけを行う
9.関係者への働きかけと対話を行う
10.スポーツを通じた子どもの健全な成長をサポートする

(出典:ユニセフ『子どもの権利とスポーツの原則』

「プレイヤーズファースト」は、ユニセフが提唱する「子どもの権利とスポーツの原則」にぴったりと合致している。

この発表会では、スポーツ庁の鈴木大地長官も祝辞を述べた。また横浜DeNAの筒香嘉智、フランクフルトの長谷部誠などトップアスリートがビデオメッセージを寄せた。

ビデオメッセージをよせた筒香嘉智(筆者撮影)

シンポジウムでは、当コラムでもたびたび紹介している堺ビッグボーイズの瀬野竜之介代表が、かつての「勝利至上主義」を改めて、子ども本位の指導へと変貌した経緯について説明した。

今、東京は2020年の東京オリンピックに向けて、まちの姿が変貌しつつあるが、同時にスポーツのあり方、アスリートをめぐるスポーツ環境の変革も進んでいる。「子どもの権利とスポーツの原則」は、まさにその基幹となる概念なのだ。

「ご時世だから」ではない

「今は昔みたいに子どもを殴ったり、怒鳴ったりできなくなった。それは理解しているから今はやらない。でも、今の子は甘やかされてひ弱になったね」

高校の部活を取材すると、ベテランのスポーツ指導者からたびたびこういう言葉を耳にする。昔ふうの指導ができなくなったことが、いかにも残念そうだ。

しかし、「ご時世だから仕方がない」というレベルの話ではない。これからのスポーツ指導者たちは「プレイヤーズファースト」を心の底から理解し、目先の勝利を追わず、選手の「未来」のためには、どうするのがよいのか、一生懸命考えて指導をしなければならない。

世界のスポーツ界の趨勢を考えても、それができない指導者は「退場」するしかないのだ。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT