台湾に登場、公共交通「定額乗り放題」の衝撃

1カ月6000円で電車もバスも、タクシーまでOK

台湾・高雄のLRTと立体交差する自転車道。台湾は自転車専用道が各地で整備されている(筆者撮影)

日々、鉄道やバスを使っていると、乗り換えでストレスを感じることが少なくない。

たとえば、乗り換えで鉄道会社が変わればその度にきっぷを買い直したり、ICカードのチャージ額を気にしながら改札機を通ったりすることになる。駅からバスに乗り換えようとしても乗り場がわからない。運行状況は会社ごとに提供されているため、アプリやホームページをいくつも見ないといけない。

人によってはこうしたストレスが嫌で、クルマを選択するということもあるはずだ。しかし、鉄道、バス、地下鉄が乗り放題のパスがあり、1つのアプリで乗り換え案内や運行状況がわかるとしたらどうだろうか。

実は日本のすぐ隣、台湾ではまさにそんなサービスが始まったばかりだ。

地下鉄から自転車、フェリーまで

台湾の南部に位置する高雄市。天然の良港である高雄港を持ち、日本統治時代に発展した。市の面積は約2950平方kmで、人口は約280万人を誇る。ただ、これは2010年に旧高雄市と旧高雄県が合併した後のもので、旧高雄市のエリアだと約175平方km、人口約151万人となり、人口密度は約8636人/平方kmとなる。これは台湾で台北に次ぐ第2の都市規模だ。日本に置き換えれば面積は堺市、人口は神戸市、人口密度は横浜市に近い。

高雄のMRTは2路線があり、1日に18万人が利用する(筆者撮影)

この街を支える交通は、軌道系交通では台鉄(台湾鉄路管理局)、高速鉄道、MRT(大量輸送システム・地下鉄)、LRT(ライトレール)が走る。道路交通ではバス、タクシー、ライドシェアサービスのUBER(ウーバー)X、さらに2つのシェアサイクルが利用できる。高雄港を横断するフェリーもある。

高雄市は道路が広く、原付バイクと車が多いことが特徴で、特に原付バイクが目立つ。また、同市は重工業で栄えてきたこともあって、現在は環境保護に力を入れている。その取り組みの中で公共交通の利用を推奨するとともに整備に力を入れてきた。その一環として9月28日に始まったのが、公共交通乗り放題サービス「Men▶Go」(メンゴー)だ。

次ページ1カ月6000円で各種交通機関に乗り放題
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。