外国人が心底「ドン・キホーテ」を愛する事情

物珍しいだけでなくあらゆる努力の結果だ

ただ、やはり外国人対応のため、POPは英語、韓国語、中国語が目立ちます。家電のコーナーには、各国の電気プラグ対応表まで掲示されています。

1階には、キットカットなど、日本のお土産として鉄板のお菓子が並びます。18禁ののれんからは、意味がわからず入ってしまった外国人女性が赤面して出てくるなど、微笑ましい光景も見られます。

しかし、日本人のお客を笑わせる努力もなされています。たとえば、エスカレーターを昇ると、「赤字覚悟」という四字熟語(?)の隣に、「焼肉定食」という四字熟語(?)が無意味に表示されていました。外国人旅行者にとっては記号にしか見えないはずで、半ばギャグでしかけたものでしょう。

いまでは、外国人観光客の名所となったドン・キホーテですが、そのインバウンド獲得の取り組みは、一朝一夕ではありません。地道な広報活動を繰り返していた努力の企業でもあります。毎年のように着々と宣伝活動をやっているし、多言語化への取り組みも怠っていません。また、2005年に安田奨学財団を設立し就学支援なども行っています。

アジアの旅行代理店に出向いては、銀聯(ぎんれん)カードが使えたり、免税店を持っていたりする利点を伝え、必死に売り込む活動を続けています。また、「ようこそ!カード」を業界他社に先んじて作りました。訪日外国人客が、カード加盟店でポイントを貯めたり、あるいは現金化できたりする仕組みです。

さらには多通貨での支払いを可能としています。すべての店舗で免税手続きが可能なほか、Wi-Fiも利用可能です。また、ドン・キホーテは訪日客のために、一部の店舗で空港まで配送するサービスを展開しています。

この点はさすがです。買いやすさが売り上げアップにつながると理解しているのです。

外国人旅行者の買い物の特徴は?

先ほど、外国人旅行者も、日本人と同じようなものを買うと述べました。ただ、やはり外国人旅行者の特徴はあります。

そこに目を付けたドン・キホーテは外国人旅行者に訴求する化粧品や医薬品を充実させています。日本人にはなかなか理解できませんが、たとえば中国では農村部で病院が不足しています。都会の総合病院は並ぶのに時間がかかります。さらに治療に多額な費用がかかるとあって、医薬品の需要が高いわけです。くわえて「日本の薬は安全で、さらによく効く」とみなされています。

医薬品以外でも、私が取材した際には、渋谷本店では、外国人が買いたくなるお土産を徹底的に調査しており、蒟蒻ゼリーを大々的に展開していました。くわえて、免税の買い物を事前に予約できるサービスまで展開しています。

『ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?』(PHP研究所)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

さらにドン・キホーテは、最後の最後までお客の心をくすぐります。ひとつのエンターテイメント場としても機能しているドンキは、旅行中にあまった小銭を使わせるUFOキャッチャーを設置するなど、細部までぬかりがありません。

日本を訪れる外国人旅行者の「大半がドン・キホーテにやってくる」。

これは多種多様な商品を、店内にぎっしり詰め込み、あの独特の雰囲気を作り出しているドンキが、物珍しいからだけではありません。

彼らが、インバウンド獲得のためにあらゆる手を打った努力の結果なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。