外国人が心底「ドン・キホーテ」を愛する事情

物珍しいだけでなくあらゆる努力の結果だ

訪日外国人が目当てにするお店のひとつです(撮影:今井 康一)
日本にやってくる外国人旅行者は2017年に2869万人を超えた。そして「その大半が」ドン・キホーテにやってきて買い物をする。なぜ、日本にやって来た外国人は、ドンキを目指すのか? そこで買い物をしたがるのか? その意外な理由を『ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?』の著者、坂口孝則が明かす。

地道な努力で実現したインバウンドの成功

観光地に近いドン・キホーテに入れば、店内放送の「バラエティの豊かさ」に驚きます。日本語、英語はもちろん、中国語、韓国語、そしてタイ語まで流れています。

さて、外国人訪問客が手に取る商品は一体何でしょうか?

観察していると、観光地名の大きく入ったお菓子や、あるいは蒟蒻ゼリーだとか、または日本のキャラクターグッズだとかを物色している光景が見えます。しかし、さらに観察していると、日本人が購入している商品を、外国人も購入しています。

おそらくSNSなどの宣伝効果があるからでしょう。お土産の場合、自分のためではないとはいえ、彼ら・彼女らは、「日本」を消費しているようです。

以前、ドン・キホーテの担当者に「観光客相手にも販売しているドン・キホーテが、なぜ外国語表記のPB商品を作らないのですか? 仕入れないのですか?」と質問したことがあります。答えは、「むしろ外国語表記のものは売れません」でした。あくまでも日本の商品がほしくてやってきているのに、母国語が書かれていたら興ざめだ、というわけですね。

数年前から、小売店はインバウンド(訪日外国人旅行)頼みの状況が続いています。

日本にやってくる外国人旅行者は、きっと日本の文化のひとつとして、ドン・キホーテを”消費”しているはずです。

このインバウンド、国別ではどこが多いでしょうか。ドン・キホーテの客数でいえば、韓国、中国、台湾がトップ3です。面白いのは、売上高で見ると中国、韓国、台湾、とトップが入れ替わっています。

日本といえば製造業=ものづくり、のイメージがあり、自動車や電化製品を思い浮かべます。ただ、ドン・キホーテで売れているものは、圧倒的に日用雑貨です。次に、時計・ファッションと続きます。このなかには、むしろ、中国で生産されているものもあるくらいで、興味深い現象です。

ドン・キホーテの店舗で、免税品の売上構成率が第1位の(つまり外国人観光客の購入が最も多い)大阪の道頓堀御堂筋店を見てみると、比較的、ドン・キホーテのなかでは王道のつくりです。

次ページ徹底した外国人旅行客へのサービス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。