ゴーン会長逮捕で日産株が2年4カ月ぶり安値

フランス政府も注視

カルロス・ゴーン会長らの逮捕を受け、20日の東京株式市場で日産自動車<7201.T>株は前日比6%超下落の941円で寄り付いた。写真はパリで株主総会に出席するゴーン氏。2013年4月に撮影(写真:ロイター/Charles Platiau)

[東京 20日 ロイター] - カルロス・ゴーン会長らの逮捕を受け、20日の東京株式市場では日産自動車<7201.T>が前日から一時6%超下落し、取引時間中としては2016年7月11日以来、2年4カ月ぶりの安値を付けた。

ゴーン容疑者が会長を兼務する三菱自動車工業<7211.T>株も一時6%超下落。

東京地検特捜部は19日、ゴーン容疑者と日産代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の2人を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕した。ゴーン氏は仏ルノー、日産自、三菱自で会長を務め、3社連合の中心的役割を果たしてきた。同氏の逮捕により、連携体制の維持に支障が生じる可能性が懸念されている。

配当政策が踏襲されるかどうかがポイント

いちよしアセットマネジメント・上席執行役員の秋野充成氏は「3社連合の行方か不透明になった。日産の企業文化の問題点も改めて嫌気されている」と指摘。株価については「ゴーン会長が残っても去っても業績には関係がないだろう。今後の経営体制が統制のとれたものになるかどうか。ゴーン氏が主導してきた配当政策が踏襲されるかどうかがポイントになる」とみる。

日産は22日にゴーン容疑者の解職を提案する臨時取締役会を開催する予定。三菱自も20日、ゴーン氏を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。

次ページ「政府として事態を注視していく」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。