三菱自、ゴーン会長解職を取締役会に提案へ

日産と三菱自の関係はこれからどうなるのか

 11月20日、三菱自動車は、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。写真は同社のロゴ。都内本社で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は20日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。

日産自動車<7201.T>会長も務めるゴーン容疑者は、報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いで逮捕された。

三菱自は容疑の内容がコーポレートガバナンスおよびコンプライアンスに関するものであることも踏まえて解職の提案を決めたとしている。また、三菱自でも同様の不正行為が行われていなかったかについて、今後速やかに内部調査を行う予定という。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT