三菱自、ゴーン会長解職を取締役会に提案へ

日産と三菱自の関係はこれからどうなるのか

 11月20日、三菱自動車は、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。写真は同社のロゴ。都内本社で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は20日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。

日産自動車<7201.T>会長も務めるゴーン容疑者は、報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いで逮捕された。

三菱自は容疑の内容がコーポレートガバナンスおよびコンプライアンスに関するものであることも踏まえて解職の提案を決めたとしている。また、三菱自でも同様の不正行為が行われていなかったかについて、今後速やかに内部調査を行う予定という。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。