三菱自、ゴーン会長解職を取締役会に提案へ

日産と三菱自の関係はこれからどうなるのか

 11月20日、三菱自動車は、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。写真は同社のロゴ。都内本社で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は20日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を会長と代表取締役の職から速やかに解くことを取締役会に提案すると発表した。

日産自動車<7201.T>会長も務めるゴーン容疑者は、報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いで逮捕された。

三菱自は容疑の内容がコーポレートガバナンスおよびコンプライアンスに関するものであることも踏まえて解職の提案を決めたとしている。また、三菱自でも同様の不正行為が行われていなかったかについて、今後速やかに内部調査を行う予定という。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。