政府の外国人労働者受入れ策が「0点」の理由 だから日本では永遠にダメ経営者が生き残る

印刷
A
A

さて、ここからは競馬ファン御用達の競馬コーナーだ。

今週末は京都競馬場の芝1600mコースでマイルチャンピオンシップ(G1、18日11R)が行われる。今回は、突出した実績のある図抜けた実力馬はいないが、マイルのG1を勝ってもおかしくない馬がかなりの数エントリーしており、レースとしては「粒ぞろいのメンバーが揃って面白い」のだが、予想する上では相当に悩ましい。

マイルCSの本命は3歳馬ステルヴィオ

本命には3歳のロードカナロア産駒ステルヴィオを採りたい。古馬との初対戦になった前走の毎日王冠では、先行したアエロリットに向いたペースだったが、出走馬中最速の上がりタイム33秒2で0.2秒差の2着まで追い込んだ。

本命とほぼ同格の対抗は、安田記念の勝ち馬でC.ルメール騎手が騎乗するモズアスコットだ。10キロ増でスワンステークスを試走して2着という臨戦過程でこのレースに照準を合わせて来たと見る。

単穴には、昨年の勝ち馬ペルシアンナイトを選ぶ。5着だった前走が今一つだったが、今回はコース、距離、季節、何れもぴったりなので侮れない。

ロジクライ、アエロリット、エアスピネルの3頭が連下候補だ。

こうしてリストアップしてみると、エアスピネル(福永祐一騎手騎乗)を除く6頭中5頭が外国人騎手の騎乗馬だ。日本の競馬は、すでに「外国人労働者」抜きにはレベルを保つことができない状況になっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT