米アップル、イスラエルの3D技術会社買収

先端技術は「Xbox」のモーションセンサーにも使用

11月25日、米アップルはイスラエルの3D感知技術会社プライムセンスを約3億5000万ドルで買収することで合意した。写真は4月、ニューヨークで撮影(2013年 ロイター/Mike Segar)

[25日 ロイター] -米アップルはイスラエルの3D感知技術会社プライムセンスを約3億5000万ドルで買収することで合意した。ブルームバーグが24日、関係筋の話として報じた。

プライムセンスの感知技術は、デジタルデバイスを使ってユーザーに3Dの画面を見せることができるもので、米マイクロソフトゲーム機「Xbox」のモーションセンサー「キネクト」に使用されている。

アップルのプライムセンスに対する関心は、7月にイスラエルの経済紙カルカリストが初めてウェブサイト上で報じた。

アップル広報担当のクリスティン・ユゲ氏はロイターに対し、電子メールで「当社は適切な機会に小規模なテクノロジー会社を買収している。われわれは通常、その目的や計画については明かさない」と説明した。

プライムセンスからのコメントは、営業時間外のため得られていない。

アップルにとってイスラエル企業の買収はこれで2社目。

報道によると、プライムセンスの出資者にはカナン・パートナーズ、シルバー・レイク、ジェミニ・イスラエル・ファンズ、ジェネシス・パートナーズが含まれているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。