日経平均401円高、今後の上昇材料はあるか

米株高支え、高値圏では戻り待ちの売り  

 11月8日、東京株式市場で、日経平均は大幅反発した。米中間選挙後に米国株が大幅高となった流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で買いが先行。取引時間中としては10月22日以来となる2万2500円台を回復する場面もあった。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 東京株式市場で、日経平均は大幅反発した。米中間選挙後に米国株が大幅高となった流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で買いが先行。取引時間中としては10月22日以来となる2万2500円台を回復する場面もあった。上げ幅は一時500円に迫ったが、高値圏では利益確定や戻り売りに押されて伸び悩んだ。

米中間選挙はほぼメインシナリオ通りの結果となり、投資家の不安心理を示すボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>が急低下。日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>も取引時間中としては10月17日以来、3週ぶりの水準まで低下した。

目先は今月の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われる米中首脳会談に関心が向かいつつある。「日本の企業業績はおおむね堅調。米中首脳会談で落としどころを探る展開となれば、日経平均は2万3000円もみえてくる」(アイザワ証券の日本株ストラテジスト、清水三津雄氏)との声が出ていた。

TOPIXは1.74%高。東証33業種中、ゴム製品を除く32業種が上昇。石油・石炭製品、鉱業、その他製品などが値上がり率上位にランクインした。

個別銘柄では、スルガ銀行<8358.T>が一時ストップ高。同行が14日に発表予定の2018年4―9月期連結決算で900億円程度の最終赤字を計上する見通しとなった。120億円の最終黒字としていた当初予想から一転、赤字に転落するが、いったん悪材料出尽くしと受け止めた買いが入った。

一方、ユーシン<6985.T>は大幅続伸。ミネベアミツミ<6479.T>が7日、ユーシンに株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化を目指すと発表した。TOB価格の1株985円にさや寄せする動きとなった。

東証1部の騰落数は、値上がり1733銘柄に対し、値下がりが324銘柄、変わらずが54銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     22486.92 +401.12

寄り付き   22446.01

安値/高値  22421.00─22583.43

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1681.25+28.82

寄り付き     1677.43

安値/高値    1675.72─1687.68

 

東証出来高(万株) 153779

東証売買代金(億円) 27261.41

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。