過疎地の足「デマンド交通」は万能ではない

利用者少ない地域でタクシーを使う事例も

タクシーを使った高知県いの町のデマンド型公共交通。同様の例は各地で見られる(筆者撮影)

昨今、少子化や過疎化の進展などにより、路線バスやコミュニティバスの利用者が減少し、これらを維持することが難しくなりつつある。そこで自治体によっては、より運行コストが低い、セダン型のタクシーなどを使用した「デマンド型」の公共交通へ置き換える事例が見られる。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

デマンド型の公共交通とは、決まった時間に決まった路線を走るバスとは異なり、利用者の予約があった場合のみ運行する交通機関である。さまざまな運行形態があり、予約に応じてバスのように決まった路線を走るタイプや、路線は定めず乗降用の停留所だけを定め、その間を要望に応じて運行する形、さらに指定エリア内でドアtoドアの運行を行うタイプなどがある。

バスから置き換え進むが…

各自治体が、路線バスやコミュニティバスをデマンド型交通へ置き換える背景として、国土交通省が2011年4月から実施している「地域公共交通確保維持改善事業」が挙げられる。

ここでは新規に鉄道駅や既存の路線バスに接続するデマンド型交通を設定する場合、国から補助金が得られるようになった。そうなれば各自治体は、バスを廃止してデマンド型交通に置き換えようという心理が働く。予約に応じて運行するため乗客のいない便を走らせる必要がなく、バスに比べて運行コストを抑えられるのも、置き換えが進む理由である。

デマンド型交通は都市圏でも運行されている。千葉県柏市の予約型相乗りタクシー「カシワニクル」(筆者撮影)

だが、このタイプの公共交通は決して万能とはいえない。利用には予約の手間が発生するうえ、そのために事前登録を求めている場合は、非居住者や個人情報を登録したくない居住者の利用を妨げることになる。まとまった予約が入れば、積み残しを出す可能性もある。

さらに、バスは利用者が増えればその分赤字が減るが、デマンド型交通の場合は利用者の増加が必ずしも歓迎すべきことにはならないという問題がある。利用が増えた際、バスのように1台に複数人が乗るのではなく、それぞれ別の小型車両に乗車すれば、それだけ運行経費も増えるためである。

次ページ「登録制」が利用者に敬遠されることも
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。