村上春樹氏「妻が悪い書評だけ読み聞かせる」

10月に「騎士団長殺し」の英訳版が発売

10月に『騎士団長殺し』の英訳版が発売された。アメリカでも絶大な人気を誇る村上春樹氏(写真:Nathan Bajar/The New York Times)

10月に英訳版が発売された村上春樹(69)の『騎士団長殺し』には、ひとりでに鳴る不思議な鈴に始まり、絵画の中の身長60センチの男の体を借りたイデア、恐ろしい二重メタファーと対する闇への旅が描かれる。作者自身も書いているように、不合理なことが多い。

しかし、それこそが村上春樹だ。絶大な人気を誇る彼の小説は、現実と超現実、日常と幻想、日々の生活と思いがけない出来事の間の境界をさまよう。非常に壮大で複雑な『騎士団長殺し』は説明するのは困難だが、恋愛の不可解さ、歴史の重み、超越的な芸術、とらえることのできないものの探求といった村上作品におなじみのテーマに多く触れている。

『騎士団長殺し』のアイデアはどこから得たのか

村上の作品はこれまで50言語に翻訳され、彼は長編小説のほか短編、ノンフィクションを執筆し、英語書籍の日本語訳も手掛ける。

10月初旬、ニューヨーク市に数日滞在した村上は、セントラルパークの周りを1時間ジョギングした後、出版社でインタビューに応じた。

「エミリー」と書かれたスターバックスのカップを手に(アシスタントが購入したのだ)、村上は創作プロセス、アイロンがけの楽しみ、規律正しさとストイックな日々の執筆活動が彼の不思議なイマジネーションをどう解放させているのかを語った。

――『騎士団長殺し』のアイデアはどこから?

わからない。私の頭のどこか奥深いところから拾い上げた。突然に最初の1つか2つの段落を書きたくなった。その後の展開はまったくわかっていなかった。書いたものを机の引き出しにしまって、あとはただ待つだけだった。

――その後のストーリーはどうやって?

ある日、書けそうだと思えるアイデアが浮かんだ。そして書き始め、書き続けた。待てばそのときはやってくる。アイデアは必ず浮かぶという自信が必要だ。私が自信を持っているのは、ほぼ40年書き続け、その術を知っているからだ。

次ページ自分の作品の書評は読むのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT