「ジムニー」プラモデルの味わい深すぎる歴史

1970年初代登場とほぼ同時に発売されていた

大人気ジムニーのもう一つの歴史をたどります(撮影:油科康司<WPP>)
この夏、20年ぶりのフルモデルチェンジで、大人気を博しているスズキ「ジムニー」には、プラモデルの歴史もある。モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』から、そのリポートをお届けしよう。

ジムニーのプラモデルが最初に発売されたのは、1970年4月。メーカーは日本模型(通称・ニチモ)である。この年は大阪万博が開催された年で有名だが、プラモデル業界にとっては大きな再編の年だった。

キャラクタープラモが不振の時期だった

1968年に怪獣ブームで急成長したマルサン商店が倒産(’69年にマルサンとして再建)、同じく『サンダーバード』などで急成長した今井科学も1969年に倒産(’71年に再建)するなど、キャラクターを扱ったプラモデル人気にブレーキがかかった時期なのだ。その原因はユーザーの成長にあった。’60年代後半までプラモデルの多くはモーターやゼンマイなどを動力に持ち、動かして遊ぶ組み立て玩具の色合いが強かった。

『モノ・マガジン』11月16日号(11月2日発売)。特集は「フライトジャケットをもう一度」などです。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、そうしたキットで育ったプラモ少年達が中学、高校と成長し、購入するキットも、より精巧で複雑なスケールモデル指向になりつつあった。模型メーカーは、そうした空気を読み、より精緻なスケールキットを目指し、模索していた時期なのだ。

余談となるが、この時期、ブームになりつつあったのは、田宮模型が開発していたミリタリーの「MM(ミリタリーミニチュア・シリーズ)。さらに翌’71年には静岡の模型メーカー4社の合同による洋上艦船模型の「WL(ウォーターライン・シリーズ)」が発売され、陸と海でミリタリーブームを巻き起こすのだ。

次ページ商品展開の速さにはスズキの協力があった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。